月別アーカイブ: 2006年1月

2006-01
14
00:23:00
Pocket Loox T800


タイとPDAとモバイルとから。Pocket Loox T800だそうです。
FS_T800_1_L.jpg
– Windows Mobile 5.0 for Pocket PC Phone
– 416 MHz XScale processor
– 4 MB of RAM and 128 MB of Flash ROM
– GMS and UMTS(W-CDMA) support !!
– Wi-Fi (802.11b/g) !!
Bluetooth 2.0 !!
GPS receiver !!
– one VGA and another 2 megapixel camera
– weight: 190g
うーん、何というか、完璧なSpecです。
W-CDMA対応だけでなく、GPSも付いてるだなんて。しかもWiFiはg対応。妄想していた理想が現実になるとは・・。
eXpansysで売り出すのはいつだろう・・(もうお金ありません・・
# 実際に手に触ってから買えないのが、海外製品の辛いところですねぇ。

2006-01
13
23:43:00
HTC Universalに日本語をしゃべらせてみる


さて、思いの外早く手元に届いたQtek9000ですが、このままでは英語しか使えません。自分で使うには日本語化作業がどうしても必要になります。
ここでいう日本語化は二つあって、一つは画面に日本語を日本語フォントで表示されるようにすること。もう一つは日本語入力を可能にすること(=IMEの導入)となります。
因みにメニューなどを日本語化するというのもありますが、実用上はあまり問題にならないので、無視してもいい(実際にはそんなHackも既に存在している)かと。
もちろんメーカーからアップデータなどが提供されている訳では無いので、原則自助努力で行わないといけません。
これを面倒と見るか楽しみと見るかでこの種の機器に対する評価が変わると思うんですが、僕はわくわくしながら作業が楽しみでした。
よく出来たもので、どんなことにも先人がいらっしゃいます。HTC Universalは昨年10月頃に発売され出したようですが、既に幾人もの先人たちが血の滲むような解析と努力の果てに日本語化に成功しており、未練も無く、堂々と公開してくれています。後発のヘタレとしてはこれを使わせてもらうに越したことはない。
決してHTC Universalだけでもないのだけど、日本語化については大体以下のようなサイトが大本かな。
どのサイトも最初に一通り読み下しておくことをお勧めします。
★大陸諜報活動新聞★ by Asukalさん
タイとPDAとモバイルと by siam_breezeさん
英国のじぃ by 英国のじぃさん
まず画面に日本語が日本語フォントで表示されるようにする点について。
一番最初にこれを可能にしたのはAsukalさんのAsukal Lets Japan.cabであるらしい。wince.nlsという多言語化リソースを弄り回してようやく完成された模様。これがどこにあるかは、Asukalさんのサイトをじっくりと読みふけってみて下さい。必ず理解できます。
と同時にCE-STARという日本語(と中国語)に対応させるソフト(US $25)が市販されています。実はこのCE-Star、AsukalさんのCABがベースに流用されているらしいんですが、問題なくスルーとされているらしい。
要するに似たようなものではあるんですが面倒を嫌うなら市販製品の方がいいでしょう。多分サポートもあるはずです。
導入手順も大体サイトを読んでいれば分かると思いますが、個人的にはこちらのサイトが分かり易くまとまっていると感じました。
[ダイビングと水中写真 最新情報] i-mate JASJAR 日本語化
基本的にはこの通りに進めてしまえば、何の問題も無く導入が可能でした。
または、tt-bear@Blogでも(Macとの連携がメインだが)非常にまとまっていてお勧めです。
日本語化の具体的手順については上記サイトが詳しいので特に述べることも無いのですが、導入過程で引っかかったことを述べてみます。
・ATOKを導入すると、標準IMEがkeybord以外(英数字など)に変わってしまい、アプリが立ち上がらなくなったりActiveSyncがいつまで経ってもつながらないなどの症状に陥るようになります。これは導入時だけでなくその後も起こりうる問題なんですが、あまり手順は気にせず初期立ち上げ後早い段階でPocketTweakを導入しておくことをお勧めします。あ、それからソフトリセット・アプリも早いうちの方が、後々面倒が無いです。ふと気付くとそんな問題に陥っていることが多々あるので。
・CE-StarのインストーラにはありがちなNextボタンとかが無くて、最初の画面ではCtl+S、以降の画面ではCtl+Nで画面を送ります。最後の画面ではCtl+Fで終了します(別にウィンドウのXボタンで終わらしてもいいんですが)。因みに、何故かインストーラから別ウィンドウに切り替えてしまうと、以降インストーラでこのキー入力が効かなくなってしまいました。多分キー・メッセージ辺りのバグだと思いますが、そういう場合は途中で終わらしてもう一度最初から始めましょう。特に何度試しても問題はないみたいです。
ところで、私の環境では幾つか問題が出ていました。他に、同じ問題になった人はいるでしょうか?
・実はATOK導入後、うまくSIPが切り替わってくれないようです。何が正常な動作か分かりませんが、例えばSIPでひらがなや英数がブラックアウトしており、選択不可のままです。Happy Tapping Keyboardも導入しているのですが、こちらもSIPから選んでも標準のソフトキーボードしか表示されず動作しません(SIPからは選択できます)。しかしPQzは正常に動作するので、ATOKの使用には差し障っていないのですが。何でかな??
・日本語化を全て終わらせた後、PQzを導入して、起動したまま電源ボタンで終了されると、再起動させた場合に画面がホワイトアウト(文字通り真っ白)になってしまい、フリーズしてしまいました。何度か(五回ぐらい(^^;)ハードリセットしてやり直してみましたが再現率100%でした。PQzの問題なのかどうかも含めて原因は不明なのですが、ひょっとするとパスワードをかけているとそのタイミングで起きるようにも思います。パスワードを外していると、その後は起こらなくなったようにも思います。今はPQzを終了させてから電源OFFに基本的にしているので、あまり確信はありませんが・・。
幾つか問題もあるものの、大きな問題では無く、十分に使用に耐えるものです。先人たちに感謝です。
また、メニューなどの日本語表示についてはAsukalさんが精力的に対処されています。「JasJap」は感動的です・・。お勧め。
* 日本語化はメーカーが保証してくれている訳ではありません。失敗しても誰も助けてくれませんので、どうぞ自己責任にてお試し下さい。

2006-01
11
22:41:00
HTC Universalを買ってみる


最初にHTC Universalに惹かれたのは、とあるいつも読んでいたBlogからでした。
随分話題になっていたようですが、忙しかったりして読み飛ばしていて、ふと気付いたのは昨年末頃。
気付けば、思わず購入を決意していました(笑。
実は最近手持ちのノートPCを壊してしまい手ごろなモバイル機が欲しかったのと、海外(主に欧州とアジア)ではGSM、国内ではW-CDMAと簡単に使い分けられるのがとても便利そうでした。
特に携帯機能は、国内ではキャリアがSIMロックという手段で、自社携帯では他社のSIMカードを付け替えても使えなくしているため、こうした使い方をするには海外製端末を選択するしか、日本では手段が無いのです。
例えば話題のWILLCOM W-ZERO3もPHSであるWILLCOM回線しか使えません。
そうした汎用性の無さが今まであまりPDAを使ってこなかった理由なんですが、そうしたものも解決してくれそうなのが新鮮でもありました。

Continue reading

2006-01
11
00:00:00
買っちゃった、HTC Universal


随分間が空いてしまいました。
その間何をしていたかというと、所用で海外行ってたり、ついでに買ってしまいました、HTC Universal !
実際にはOEMで供給されているので、Qtek9000という機種になります。
qtek9000_view.JPG
所謂クラムシェル型のスマートフォン(PDA + 携帯電話)で、Windows Mobile 5.0搭載の上、WiFi(802.11b)、GSM 3バンド + W-CDMA、BlueTooth1.2対応というモパイル性能も申し分ないということで、一部では非常に注目されている機種なのでした。
基本的には海外機種なのでWM5.0も英語版ですから日本語化が必要です。また携帯機能も国内で保証されている訳ではありませんが、W-CDMAに対応していることからFOMAやvodafoneのUSIMを使って通話やデータ通信でモバイルができる可能性もあり、国内で販売されている機種では味わえない醍醐味があります。
発売されてしばらく経っており、既にかなりの情報が出ていますが、個人的な経験も踏まえて、また記録も兼ねて、色々書き連ねようかなと思います。

123