タグ別アーカイブ: インストール

2009-08
28
21:33:00
Snow Leopard 届いたよ


今朝8時半頃にヤマト運輸で届きました。
25日に申し込んだMac mini用のリテール版です。このタイミングでこんなにちゃんと届くとは優秀ですね。
でも7月に申し込んでいたAir用のup-to-date版は未だ出荷さえされておらず。
まずはminiにインストールできれば文句ないんだけど、この差は何?3300円 v.s. 980円の差なのかなぁ。
Macのメジャーバージョンアップは初体験だったのですが、さてさっそくインストールしての感想です。

■パッケージ小っさ!

すでにあちこちでパッケージ写真も出回ってるので分かると思いますが、本当にDVD一枚入れてるだけです。
まあリテールでも3300円だし、包装にコストはかけられないよね。
ユーザーも無駄に大きいパッケージよりこちらの方が便利だと思うのです。

■見た目はほとんど変わらないUI

インストールはクリーンインストールの方法がよく分からなかったんですが、ナビゲーション通りに進めていくと、勝手にアップデートインストールになってました(笑
他のサイトではアップデートだとエラーになったところもあるようですが、うちでは難なく進み約一時間半でShow Leopard化したMac miniが起動してくれました。
よかったよかった。かなりあっさりした作業工程でしたよ。
壁紙も引き継いでくれるので、本当にぱっと見ではLeopardなのかSnow Leopardなのかはよく分かりません。
唯一異なっているのがQuick Timeアイコンです。
20090828212636.jpg

■起動しないアプリ

まずインストールして起動直後、スタートアップにしているモニタ切り替え用アプリがPowerPC向けなので、Rosettaを自動的に検知してインストールしてくれました。この辺は便利ですね。
しかし結構困ったのは他に起動しないアプリが割と重要なものが多くて、不便になってしまいました。。
まず自動起動にしていたiStats Menuが起動不可でした。便利に使っていただけにショックでかし。
でもサイトによると近々対応する、とのことなので期待して待ちましょう。
もう一つショックが大きいのは、やはり事前情報通り、SIMBL関係が全滅だったこと。
そんなにばりばりSIMBLを活用していた訳ではないんですが、Safari用マウスジェスチャープラグインが動かなくなったのが痛い。痛いというか面倒臭い。。
最近はWindowsも含めてすべてのブラウザでマウスジェスチャー大前提だったので、不便になってしょうがないです。
まあ普段はOperaなので常に問題あるわけではないですが、やはりMacを使っている以上はSafariの使用頻度も高いんですよね。
その他、xmarks for Safariも駄目(SIMBLだから当然)、Photoshop Elements 4.0も駄目(さすがに古すぎるか・・?)、Flip4Mac WMVも駄目(そもそもSafari4から怪しいという話がある)。
Cyberduckも駄目だったけど、もう対応版が出ていますね。
但し逆に言うとそれ以外は動くものも多いです。例えばOperaとかは当然としても、V2CZumoDriveなどは問題なく動いています。またSynergyが動いたのは本当に良かったです。
VMware FusionもOK。Parallels Desktopは対応していないらしいです。VMwareに寝返っててよかった!
Twitterクライアント系も大体大丈夫そうです。
気付いたのはこれぐらいですが、しかしSIMBLサポート中止問題は尾を引くでしょうね。

■64bitカーネルモード

果たしてMac miniは64bitカーネルで起動できるか問題ですが、結論から言うと駄目でした。
起動時に[6]と[4]キーを押しながらだと64bitカーネルモードになり、[3]と[2]だと32bitカーネル、という話でしたが、試してからStart Mode Selectorで確認してみましたが32bitのまま変更できませんでした。残念。
やはりこれも事前の噂通り、Mac miniなどは32bitに固定されているみたいです。
プロセスモニタを見てみると、カーネルはともかくMailやSafariとかApple純正アプリの多くは64bitとなっており、なかなか圧巻です。
ちなみに環境設定パネルは、通常は64bit版なんですが設定するアプリが32bitだと勝手に再起動して32bit版の環境設定を起動します。なるほど。

■総論

ということで、基本舐めてたんですが、Snow Leopardはさすがメジャーバージョンアップで、Leopardと異なる部分も多かったです。
僕はまだライトなユーザーですが、ヘビーな人ほどもう少し様子見した方がストレスは少ないかも知れません。
パフォーマンスは上がったかどうか?ちょっと早くなった気はするけど、そんなことはない気もします。僕の使い方ではよくわからんですね。
操作性をぼろぼろにされたので一般論として現時点でお勧めかどうかは微妙ですが、技術ネタマゾの方にはとてもお勧めです(笑
週末楽しんでみてください。
追記
あ、Safariを「32bitモードで動かす」チェックを入れて起動すると、SIMBLプラグインが動きますね。セキュリティの観点から廃止したんじゃなかったの?64bitアプリとの互換性だけの問題?
少なくともSafariのマウスジェスチャは動くようになりました。

2009-08
19
03:15:00
Windows7に移行してみた


MSDNで製品版が公開されたので何となくVista Ultimateから7 ultimateへ移行してみました。
マシンはDell Inspiron 530sです。
20090819024145.jpg
日常の環境はMacへ移行してしまっているので最近はWindowsを使うのは開発時だけなんですが、それでも開発環境が動かなくなると困ってしまうのでちょっと冷や冷やでした。が、好奇心にはかないませんでした(^^;
結論から言うと問題なく開発環境や日常的な利用も含めて動作しています。よかったよかった。
開発に使っているVisual Studio2008はまだ32bit版しかないのでx86環境にしたというのもよかったんでしょうが、ニコニコPodderもちゃんと動いています。
Vistaもいい加減二年ほど使ってきて環境も汚くなってきたのでアップグレードではなく新規にしてみました。
まずは必要なファイルについては、CドライブとDドライブにパーティション分割されているのでDへバックアップ。
次にインストールなんですが、DAEMON Toolsを使ってVista上からインストールしたのでドライブの再フォーマットは行えず、Vistaの入っているCドライブへそのままインストールされることになります。
ただし古いVista環境は「Windows.old」というフォルダへWindowsフォルダやProgram FilesフォルダなどVistaのシステムファイルはすべてまとめてバックアップしてしれるので、完全に新規インストールのイメージになります。
このバックアップはなかなか秀逸ですね。Vistaからこうだったっけ?
そこから開発環境と言えど使うであろうソフトを順番に入れていきます。
現在インストールしているのは、Opera10 Beta3、Safari、Google Chrome、iTunes+QuickTime、Flash Player、Acrobat Reader、Office2007、Visual Studio .NET 2003、Visual Studio 2008、ATOK2009、MobileMe、xmarksZumoDriveTeraPad、WinSCP、TeraTerm、SynergyX-Finderといったところです。
すべて動作は問題なし。
アンチウィルスソフトは、まだノートン インターネットセキュリティ2009のライセンスが3ヶ月ほど残っていたんですがあまりの重さに辟易していたので、試しにESET NOD32を入れてみました。
まだ試用版段階ですが、確かに軽くていいですね。OSが違うので比較にはならないけど、時折変なプロセスがCPUを100%掴まなくなっただけでも満足です。
検出率もトップクラスという噂だし、これでいいかなぁ。
そもそもノートンは動作が重すぎるのをカバーするためにプロセスの信頼リストだのっていろいろ付けるから余計に重いんだよね。
7を使い出して感心したのは、タスクバーがめちゃくちゃ使いやすくなりました。
クイックリンクと兼ねるというのは如何にもMacからのパクリっぽくはありますが(笑)、でもこういう起動やウィンドウ切り替えを一カ所に集中するというのが一番使いやすいですね。
Macに比べてのアドバンテージは、Aeroでウィンドウが確認できたり、複数ウィンドウの切り替えをそこから選択できたり、またそのアプリで最近開いたファイルも選択できる、というのはいいアイデアですし便利です。
Macで逆にパクってくれないかなぁ。
ということで問題らしい問題もなくあっさり足がけ二日で移行できました。
7は評判以上にVistaとの相性はよさそうですね。
「これで後二年はまた戦えるぜっ」とか思ってますが、果たしてどうなりますか。

2009-06
19
22:22:00
iPhoneOS 3.0でテザリング


一部方面でMMSやらSafariのアップデートやらSpotlightやらを他所に妙に盛り上がっているテザリングですが、ようやく設定の要領がわかってきた気がするので幾つかヒントをまとめてみます。
とは言えお勧めするものではないので具体的な方法は示しませんが、いろいろ試したくて試行錯誤している人には参考になるかも。
但し高額請求が発生する可能性も多々あり、キャリアとの契約に違反している可能性もあります。筆者は何ら責任をとりませんので、自己責任にてお願いしますね。
20090619222213.jpg

Continue reading

2009-06
18
08:23:00
iPhoneOS 3.0 アップデート


3.0来ましたね~
SIMフリーにしたいためにJBしていたので迷ってましたが好奇心には勝てず、公開直後からアップデートしていました。
が、問題あり、経験を共有しておきます。

SIMを認識してくれない!

うちで出た問題がこれでした。書き込みとか見てるとかなり特殊な部類かも?
うまくいっている人も多い中、僕も途中までかなり順調でした。
あっさりとダウンロードとインストールまで終わったのですが、バックアップに入って随分と待たされてました。
事前にバックアップはしていたはずなんですが何故か再度バックアップに入りほとんど止まってしまう状態にまでなりました。
しびれを切らし、「まあバックアップぐらいキャンセルしても問題ないだろう」と考えて一旦キャンセルしたんですが、ロックを外してみるとキャリア名が表示されず、アンテナも一本しか立っていない状態に。
実はラジオを掴んでくれない症状はJB直後などにもあったので心配していなかったんですが、その後何をしても解決しませんでした。
再起動しても、SIMを抜き差ししても、USBをつなぎ替えしても、一度フライトモードにしてみても、ネットワーク設定をリセットしても全然駄目。
よくよく確認してみると、SIMの電話番号も「使用できません」となっていたので、SIMが読めていないことは確実なようです。
症状は違うように思えたんですがネットではAppleのアクティベーションサーバーが応答しないとかで、アクティベーションが出来ないとか騒ぎになっていましたね。
見た目は違う現象なんですが、もしかしたらアクティベーションにエラーがあってSIM認識しなくなったのかも知れませんが、原因の確証はありません。
もしくは、JBはSIMアンロックしたいがためにYellowsn0wをインストールしていたんですが、何か関係するのかな・・?
ともあれやむなく復元を行ったところ、難なくラジオを認識するようになりました。パチパチ。
20090618082142.jpg
これから色々試してみます。
因みにバッテリー表示にパーセントが追加されたんですね。
SBSettingでパーセント表示はしていたので「JB環境残ってるのか」とひびりましたが、そんなことないですよね・・?

2009-05
15
21:45:00
ニコニコPodder R1.1.1をリリースしました


■ ニコニコムービーメーカーの動画への変換に対応しました
大変お待たせしました。ようやく対応です。
実現方法なんですが、結局以前コメントでも示唆して頂いていたようにAviSynthを使用してみました。
dll依存とかインストールとか大変じゃない?と思いこんでたんですが、よくよく確認してみるとそれほど面倒なことにはならなそう。それに試す限り、ほとんどの環境で問題なく動作しました。少しだけレジストリ登録する必要があります。
負荷が高いとも思っていたんですが、どうやらマルチCPUオプションで変更可能なようですね。
それに対応しないよりはした方がいいでしょ、ということで対応の運びとなりました。
ライセンスの関係上、ニコニコPodderとは別に「SWFConvert」というパッケージとして提供します。
GPL v2準拠としてソースコードも公開します(大したコードじゃないですよ)。
ニコニコPodderのインストールフォルダ以下にそのまま展開してもらうと、R1.1.1であれば自動的に検知して変換オプションを設定します。またはnicoPodder.iniのオプションを以下のように指定してください。
ConvertVideoSWFCommand=SWFConvert\SWFConvert.exe
ConvertVideoSWFOptions=-i “<%InputFile%>” -o “<%OutputFile%>” -c “<%FfmpegPath%>”
ConvertVideoSWFExtension=mp4
DoNotConvert=none:none
つまりSWFConvertはニコニコPodderの外部コマンドとして動作します。
また最初の起動時にレジストリ登録を促されるので「はい」を選んで登録してください。しないとエラーになります。
SWFConvertでもx264cliやffmpegのオプションを指定可能です。SWFConvertフォルダの.txtがそれぞれのオプション定義になっていますので変更可能です。
■64bit環境で起動時にエラーとなる問題を修正しました
これで本当に64bit環境でも動作するものと思っています。
但し同一バイナリで32/64bit対応は不能でしたので、バイナリは別になります。
なおSWFConvertは内部で使用しているライブラリの関係で32bit環境でのみの動作となります。
■初期時に「マイリスト名で分類」をチェックしていても分類されなかった問題を修正
■「マイリスト名で分類」したフォルダを正しく判定していなかった問題を修正
■OSインストール直後にIE7/8の保護モードが有効の場合ブラウザ認証統合が行えなかった問題を修正
といったコメントでも頂いていた問題などを修正しています。
■動画リストが空の場合に以前のrssフォルダにRSSファイルが残っていればデータの移行を行うようにしました
これもコメントでもらっていましたね。実はちょうど対応作業をしていたのでした(笑 グッドタイミングでした。
その他、アップデート履歴もご確認ください。
何かありましたらコメント欄までお願いします。
* R1.1.2をリリースしました。今後はそちらへどうぞ

123