タグ別アーカイブ: オプション

2009-10
31
10:47:00
ニコニコPodder R1.1.12をリリースします


R1.1.12です。
入院先から一時帰宅したついでに更新しておきます。
まずはニコニコ動画(9)となってから動作していなかった「自分のマイリストを取り込む」機能と、マイリストへの動画追加機能を対応しました。
まだ現時点では
・マイリストの作成や変更がエラーになる
・マイリストからの動画削除はエラーにはならないが削除されない
・マイリストへの貼り付け、移動
が制限として残っています。
またテストも多少甘いかも知れませんがとりあえず動作する部分だけでも先行して公開することにしました。
以外の機能については以降のバージョンにて対応される予定です。
その他新機能などです。
■動画変換オプションのビデオサイズをオリジナル品質変換機能化しました
ご協力も頂いていた一部動画の画面がiPodで切れる件の関連対応です。
実は結局nano 5G買ってしまってたり。
まとめますと、結局はiPodの仕様ということになるかと思います。iPhone/iPodでもワイドスクリーンはちゃんと対応しているのですが、特にiPodで「画面を合わせる」を選択すると、これは縦横どちらかを合わせて拡大するという意味のため、画面が切れてしまっていたのだと思います。
よってこのオプションをiPodでは設定しないことを推奨します。
その上でオリジナル品質変換機能に画面サイズを対応して、16:9であれば480×270にそれ以外は320×240のサイズを指定するようにしました。フリー版の場合は必ず320×240固定になります。
これによりワイドスクリーンで作られた動画もオリジナルサイズとなるはずですが、どうでしょうか。
またご協力を申し出て頂いた皆さん、ありがとうございます。
上記はまだ僕の手元で確認した内容で、仮説です。もし宜しければこれが正しいかどうか手元のiPodで試して報告頂けたら幸いです。
■(9)でのランキングの取り込みに暫定対応
できてしまったので、とりあえず公開します。暫定的というのはあまりテストしていないという意味です(^^;
マイリストURLとしてランキングURL(http://www.nicovideo.jp/ranking/fav/hourly/all とか)を指定すると、通常のマイリストのようにダウンロードが開始されます。申し訳ないですがランキング数はオリジナルと同じ100だけです。
更に「ローカルマイリストの動画はiTunesから解除する」オプションを新設しました。これと組み合わせると常に最新ランキングだけを取り込んだマイリストができるのではないかなと思っています。
以上です。
いろいろご迷惑をおかけしていますが、何かありましたらこちらのコメントまでお寄せください。
ただししばらく入院となりますので反応は遅くなると思います。すみませんが、よろしくお願いします。
* R1.1.14をリリースしました。今後はそちらへどうぞ

2009-09
15
23:33:00
ニコニコPodder R1.1.9をリリースしました


今回はバグFIXとともに幾つか機能追加と仕様変更を行っています。
■オリジナル品質変換機能を実装しました
こちらは少し説明が必要だと思います。
まず背景から説明すると、ニコニコPodderも初期バージョンを公開してからほぼ二年が経過して、ニコニコ動画周辺も投稿される動画もかなり変容してきました。その中で、そろそろ変換される画質が気に入らなくなってきていた、という前提があります。
そもそもニコニコPodderは当初iPodやiPhone(その頃はtouchだけでしたが)で手軽にニコ動を見るために、画質・音質とも高品質を追求するのではなく、変換サイズも考慮して良すぎもせず悪すぎねせず、というところで変換オプションを調整していました。
以前はまだまだ著作権的に問題のある動画も多い時代で品質の悪いものも多く、またFLVだけでもありニコニコ動画全体の画質もあまりよくなかったので、これはこれでよくバランスが取れていたと思っています。
しかし最近はMPEG4も導入されたり、初音ミクなどに代表されるようなユーザーオリジナル動画の品質(画質とか音質)の向上には目を見張るものがあり、例えば「プロの犯行」などと呼ばれるのはご承知の通りです。
となるとニコニコPodderのデフォルト設定での画質・音質も甚だ不本意になってきており、デフォルト値を変えて、サイズや変換時間は多くなるものの、実際の動画に見合った品質にしたいな、と思っていました。
しかし問題が一つありました。
これは多くの変換ツールでも同じことなんですが、ffmpegのオプションなどでは変換時にビットレートやフレームレートなどの設定値をあらかじめ指定しないといけません。
もちろんある特定の動画であればそれに合わせればいいのですが、不特定多数の動画が変換される場合、具体的に値をどうするかは大きな問題です。
初期のニコニコPodderでは変換サイズとiPod画面で見ることを前提に、悪く言えば、良くも悪くもないどっちつかずの値を採用していました。
しかしそうすると、その品質を上回る動画を変換する際には当然それだけ品質は悪くなりますし、反対に品質の悪い動画の場合は帯域を使ってファイルサイズが無駄に大きくなります。
そこで今回、ダウンロードされた動画のビットレートその他の属性値を変換前に取得して、それを元に実際の変換値を決定する「オリジナル品質自動設定」機能を導入しました。
変換パラメータの設定値は元の動画に応じて毎回調整されますので、これであれば比較的元の動画に応じた品質とファイルサイズ、変換スピードのバランスが取れることになります。
とは言え、まだやっていることは単純で、例えば元動画のビットレートが800Kであれば、それをそのまま変換オプションへ渡しているだけです。また実際にはフォーマットの変換を行うのに、元動画の設定値そのままでいいのか、という考えもあります。
まだファーストチャレンジですので諸々欠点もあるのですが、少なくともこれまでよりiPodやiPhoneに相応しい画質・音質になるとは思いましたので、今回導入としました。
恐らく今後のバージョンではこの機能を拡張していくことになるかと思います。
長々と難しく書きましたが、使うユーザーにとっては、操作などはこれまでと何ら変わることはありません。
また以前の変換オプションを手動で設定することも問題ありません。
少し前より絵や音がきれいになったかな?ぐらいに感じてもらえれば幸いです。
なお今回変換オプション仕様を変更した都合上、nicoPodder.iniの変換オプション指定はすべて強制的に最新に更新しています。以前の設定はnicoPodder_backup.iniという名前でバックアップされていますので、必要に応じて参照または変更してください。
■SWFConvertは同梱にしました
ライセンス上も問題ないだろうと判断し、今回から同梱にしました。そのためパッケージに含むファイルは格段に増えています。
また1.0.3としてオリジナル品質自動設定に対応したほか、変換ステップ数も削減しています。
なおSWFConvert自体のライセンスは従来から変わりなくGPLv2です。別途ソースコードも公開しています。
従来まで使用していた”SWFConvert”フォルダはもう使用しません。お手数ですが手動にて削除しておいてください。
■右クリックメニューからの変換やiTunes登録の実行は再実行としました
■iTunes登録チェック時に無効なパスのファイルが登録されている場合には正しいパスで登録し直すようにしまし

微妙な変更ですが、一部コメント欄でリクエストも頂いていました。
これまでは右クリックメニューからファイル変換やiTunes登録をしても、すでにファイルが変換されていたりiTunesへ登録されていた場合には何も行いませんでした。これは「一括」の場合や「開始」ボタンを押した場合も同じです。
今回から右クリックメニューからの変換とiTunes登録については、更新という扱いにしました。
変換の場合はすでにファイルがあるかどうかに関わらず再度変換を行います。またiTunes登録の場合は、登録はそのままに説明やプレイリスト、アーティストなどの属性を更新します。
基本的に登録の削除は行いませんが、例外的に登録ファイルパスが無効な場合のみ、一度削除してから再度登録としています。本当はファイルパスも更新できるといいんですが現状では無理なため、一度削除としていますのでお気を付けください。
その他変更はアップデート履歴もご覧ください。
では何かありましたらコメント欄までどうぞ。
* R1.1.10をリリースしました。今後はそちらへどうぞ

2009-05
15
21:45:00
ニコニコPodder R1.1.1をリリースしました


■ ニコニコムービーメーカーの動画への変換に対応しました
大変お待たせしました。ようやく対応です。
実現方法なんですが、結局以前コメントでも示唆して頂いていたようにAviSynthを使用してみました。
dll依存とかインストールとか大変じゃない?と思いこんでたんですが、よくよく確認してみるとそれほど面倒なことにはならなそう。それに試す限り、ほとんどの環境で問題なく動作しました。少しだけレジストリ登録する必要があります。
負荷が高いとも思っていたんですが、どうやらマルチCPUオプションで変更可能なようですね。
それに対応しないよりはした方がいいでしょ、ということで対応の運びとなりました。
ライセンスの関係上、ニコニコPodderとは別に「SWFConvert」というパッケージとして提供します。
GPL v2準拠としてソースコードも公開します(大したコードじゃないですよ)。
ニコニコPodderのインストールフォルダ以下にそのまま展開してもらうと、R1.1.1であれば自動的に検知して変換オプションを設定します。またはnicoPodder.iniのオプションを以下のように指定してください。
ConvertVideoSWFCommand=SWFConvert\SWFConvert.exe
ConvertVideoSWFOptions=-i “<%InputFile%>” -o “<%OutputFile%>” -c “<%FfmpegPath%>”
ConvertVideoSWFExtension=mp4
DoNotConvert=none:none
つまりSWFConvertはニコニコPodderの外部コマンドとして動作します。
また最初の起動時にレジストリ登録を促されるので「はい」を選んで登録してください。しないとエラーになります。
SWFConvertでもx264cliやffmpegのオプションを指定可能です。SWFConvertフォルダの.txtがそれぞれのオプション定義になっていますので変更可能です。
■64bit環境で起動時にエラーとなる問題を修正しました
これで本当に64bit環境でも動作するものと思っています。
但し同一バイナリで32/64bit対応は不能でしたので、バイナリは別になります。
なおSWFConvertは内部で使用しているライブラリの関係で32bit環境でのみの動作となります。
■初期時に「マイリスト名で分類」をチェックしていても分類されなかった問題を修正
■「マイリスト名で分類」したフォルダを正しく判定していなかった問題を修正
■OSインストール直後にIE7/8の保護モードが有効の場合ブラウザ認証統合が行えなかった問題を修正
といったコメントでも頂いていた問題などを修正しています。
■動画リストが空の場合に以前のrssフォルダにRSSファイルが残っていればデータの移行を行うようにしました
これもコメントでもらっていましたね。実はちょうど対応作業をしていたのでした(笑 グッドタイミングでした。
その他、アップデート履歴もご確認ください。
何かありましたらコメント欄までお願いします。
* R1.1.2をリリースしました。今後はそちらへどうぞ

2009-02
22
01:07:00
ニコニコPodder R1.0.13をリリースしました


R1.1系列の前に直近で報告頂いてたバグを修正したバージョンをリリースしました。
■nicoPodder.iniのDoNotConvert設定を変更してもSWFの動画変換が行えなかった問題を修正
この問題のためSWFの動画変換に独自コマンドを指定できませんでしたのでこれを修正しました。
■一部の不正文字が動画詳細に含まれていた場合にダウンロードが行われなくなる問題を修正
これまで何度かGOボタン押下後に「スレッドを起動しました」メッセージが表示されて処理が止まる問題が報告されていました。今回の修正によりこれが修正された可能性があります。
もし今回のバージョンで同様の現象が発生するようでしたら詳しい状況と共にお教えください。
■ffmpegのリビジョンを17394に更新
これまで同梱のffmpegはrev.9133を使用していましたが今回から17394に変更しています。これによりこれまで報告頂いていた変換不能だった動画なども正しく変換できている場合が多いようです。
但し全ての変換が保証される訳でもありません。
rev.17394では9133に比べて変換オプションが一部異なります。そのためR1.0.13以降では9133の古いオプションと思われる設定を見つけると自動変換を行うようにしています。
起動時に古いオプションを見つけると「変換するかどうか」を尋ねられます。「YES」を選択すると自動的に変換を行い、nicoPodder.iniの設定にも反映されます(正常終了時)。
デフォルトのオプションをそのまま使用している場合はこれで構いませんが、独自に変換オプションを設定しているなどで自動的に変換されたくない場合には「NO」を選んでください。但しこの場合は自分でnicoPodder.iniの設定を変更しないと動画変換時にエラーになるはずです。
なおffmpegバイナリはお気に入りの動画を携帯で見ようさんが公開されているバイナリを同梱しています。ありがとうございます。
ニコニコPodderでは標準版を同梱していますが、上記サイトでは他にもPentium4最適化版やAthlon64最適化版も提供されています。
実は僕の環境ではあまり差異は感じなかったのですが、そちらに差し替えて利用することも可能です(が、自己責任にてお願いします)。
以上、もし何かありましたらコメント欄までお寄せください。
* R1.0.14をリリースしました。今後はそちらへどうぞ

2008-11
15
19:54:00
ニコニコPodder R1.0.9をリリースしました


今回少し大きめの機能追加を行っています。
■ニコニコムービーメーカーのMP3変換に対応しました
動画は対応できていませんが、とりあえず音楽変換だけは行えるようになりました。
■変換時のコマンド・オプション・変換後拡張子をnicoPodder.iniで指定できるようにしました
つまりffmpegだけに限らず、他の外部コマンドも指定できるような設定を行えるようにしました。
これまではffmpegに依存した構成だったのですが、コメントでもご意見頂いていたようにffmpeg故の問題も散見されるようになり、まずはffmpegから汎用的な構造へ切り替えてみました。
nicoPodder.iniでの指定を変更し、動画/音楽別FLV/MP4/SWF別に変換コマンドやオプションを指定可能にしました。詳しい指定についてはTIPSを参照してください。
とは言えユーザーによるカスタマイズが可能になったというだけで、使い方などは大きく変わるものではありません。
必要とされる方には少し使えるようになったかなと思います。
ffmpegって何?という向きにはこれまで通り普通にお使い頂ければと思います。
またこれに伴い音楽変換時のデフォルトオプションをストリームコピー(-acodec copy)に変更してみました。
FLVとSWFでは問題なく動作するようなのですが、残念ながらMP4(H.264)ではストリームコピーだとiTunesへうまく登録できないようです。そのため128k固定でMP3へ変換を行う指定にしています。
なおあくまでデフォルト値の変更ですので、以前から利用されている場合にはnicoPodder.iniを変更(Convert~で始まる行を削除→保存→にこぽ起動)してください。
■APIアクセスエラー時に処理継続するように変更
コメントで頂いていた件ですが、再生権限のないコミュニティ動画(以外にもあるかどうか分かりませんが)などの場合、ログインエラーやアクセスエラーなどが発生する場合があります。
テストして分かったのですがこうした権限エラーの場合、他のログインエラーなどとの判別が難しく、あるいはどうも時間帯やタイミングにより発生するエラーも異なるようです(これがよくわからない・・)。
そこでとりあえずエラーダイアログボックスを表示するのではなく、該当の動画をスキップするように変更しました。
エラーが分かりにくいと思いますが、ご了承ください。
# テストへのご協力ありがとうございました。
その他の変更については変更履歴を参照ください。
何かありましたらコメント欄までお願いします。
* R1.0.10をリリースしました。今後はそちらへどうぞ

123