タグ別アーカイブ: ケータイメール

2013-09
04
06:44:48
ワンタイムパスワードの送付先にケータイメールは相応しくない


近年大手のWEBサービスも含めて所謂リスト攻撃などで不正ログインが多発するなどしており、一躍注目を集めているのが二要素認証(二段階認証)だ。通常のユーザーID/パスワードでの認証に加えて、その一時にだけ有効なワンタイムパスワード(OTP/One Time Password)を発行しこれも一致しないとログインを認めない方法である。
このワンタイムパスワードの発行方法またはユーザーへの送付方法には幾つかのパターンがある。
最も「厳しい」物理的なハードウェアトークンをユーザー毎に配布して表示される番号をワンタイムパスワードとして入力する方法(Paypalでの例)や、より簡易にスマホなどのソフトウェアでワンタイムパスワードを確認できる方法(有名なソフトウェアとしてはGoogle Authenticatorなどがある。但しサービスがこれらのソフトへ対応していないといけない)のほか、もっとも一般的には「ユーザーが別途指定したメールアドレスへワンタイムパスワードをメールする」方法がある。

ワンタイムパスワード自体は二要素認証のためだけの方法でも無い。ログイン時だけでは無く、例えば銀行サイトで他口座への振込などの資金移動をする際にワンタイムパスワードの設定をしていなければ操作できなくしている銀行も多い。これもまた近年高まっているセキュリティ保護の機運を反映したものだろう。

最近ではスマホなどモバイル環境の一般化によってか、「メールアドレスへのワンタイムパスワードの送付」パターンの場合にはPC用メールアドレスでは無く「ケータイメール」(すなわち携帯キャリアが提供しているメール)への送信を強く要請してくるようになった。
例えば三菱東京UFJ銀行や楽天銀行では最近になって「携帯メールでの登録」を勧める旨の記載が増えた。

三菱東京UFJ銀行 / インターネットバンキングのログイン時の本人確認方法を一部追加します。(平成24年2月12日(日)より)

楽天銀行 / セキュリティ強化のためのワンタイム認証のルール変更について

一方以下はGoogleでの二要素認証設定時の様子だ。ワンタイムパスワードの取得方法としてGoogle Authenticatorを使用することも出来るが、デフォルトではこのように各携帯キャリアのメールアドレスを指定することになっており、設定後は信頼できない端末からのログインの際はこのアドレスへワンタイムパスワードが送られる。

スクリーンショット 2013-08-02 5.19.49

前述の通り幾つかのバリエーションはあるものの、これらの例のように近年ではワンタイムパスワードは「ケータイメール」へ送付することが大変一般的になってきたと感じるし、実際多くの方がそのようにされているのでは無いだろうか。

しかしながらPCメールなどよりも「ケータイメール」をワンタイムパスワードの入手元とすることは果たして「より安全」な方法だろうか。

Continue reading