タグ別アーカイブ: シェルスクリプト

2014-07
09
11:23:02
AWS EC2のダイナミックIPを起動時に自動的にRoute 53へ登録してスタティックに利用できるようにしてみる


AWS EC2を使っている人なら重々承知しているように、EC2サーバーは再起動する度にパブリックIP(とプライベートIPも)は動的に割り振られるので毎回異なったIPが振られることになります。
これ、他のVPSに慣れていると割と面倒臭く、まあIP資源は有限なので有効に使うには仕方ないのも理解できるし、本当に固定したいならElastic IPを設定すればいいのだけど、何台も管理しているといろいろ面倒臭くなりますよね。

なんかつい最近NO-IPとかの外部Dynamic DNSサービスを使って固定したDNS名で扱えるようにする方法が紹介されていたような気がするのだけど、最近NO-IPがマルウェアの温床だとしてマイクロソフトが裁判所にドメイン差し止めを申し立てたなんて嫌なニュースがあったり、どうせなら自分のドメイン使いたいよねとか、そもそもAWSなんだからRoute 53で管理したいよね、と思うので、実は僕はEC2起動時にシェルスクリプトを実行してRoute 53へAWS API経由でNameタグをホスト名としてその時のIPアドレスを登録して、ダイナミックDNSのように(厳密にはプロトコルは違う)使用しています。
つまりNameタグとしてホスト名を設定できて(本当は別タグにしてもいいです)、SSHとかでずっと同じDNS名で指定できるようになります。
割と便利に気軽に使えるようになって満足しているので、本稿でちょっと紹介してみます。皆さんのご参考になれば嬉しいです。

と言いつつ実は元々はネット検索していろいろなチャレンジされているのを幾つか参考にして組み合わせつつ自分でも試行錯誤して作ったんですが、どれがどれだったかURLとか忘れてしまっているので、ここであらためて参考にさせて頂いた方々へ感謝申し上げたいと思います。直接ご紹介できなくて申し訳ないです。

Continue reading