タグ別アーカイブ: スクロール

2009-11
06
02:00:00
Apple Magic Mouseはマウスじゃなくてタブレット


IMG_0047.JPG
注文していたApple Magic Mouseがようやく届いて、大体これで一日ぐらい使ってみましたので、その感想を。
これまでWirelessのMighty Mouseを使っていたんですがそれに比べると薄くなって高さが無くなり持ちにくく、また各所での話題通り軌跡が遅く「使いにくい」というのが第一印象。
でもそれから半日ほど使って分かったのは「これはマウスではない。レーザーマウス機能を付けたタブレットだ」ということ。
Mighty Mouseあたりだと、まず手のひらでマウスをがっちり持ち手首でマウスを動かして中指でセンターホイールをスクロールするといった、まあ普通の使い方ですね。
しかしMagic Mouseは、まず薄いので手のひらでしっかり固定するということはし難いです。よって手のひら全体を載せて、軌跡が遅いので上腕部を動かして移動。スクロールとかは一端手のひらをはずしてから、「マウスの表面全体で」ジェスチャー、というスタイルになりました。
つまり所謂マウスのつもりで操作すると使いにくくてしょうがないんですね。そう思わずに薄いタブレットを机に滑らせて操作しているつもりに意識が変わると使い方にも慣れると思います。
つまりは全くマウスとは違うデバイスをAppleを作りたいんじゃなかったのか、と。
だいたいマウスジェスチャーって時点でMBとかのガラス製タッチパネルからの発想であることは明白だと思うんですが、簡単に言うと、Magic Mouseの表面は全面タッチパネル(残念ながらガラスではないようですが)なのでマウスジェスチャーのためのデバイスに見えるんですよね。
まだまだ対応しているジェスチャーは少ないみたいですが、対応するアプリやジェスチャーの種類が増えると全く違う操作性が現れてくることでしょう。Appleがどこを着地点にしているか分かりませんが。
他には、悪評高かったセンターホイールが無くなって本当にメンテナンスフリーになったのは大変喜ばしいです。月に一度はぐりぐり掃除しないと動かなくなっていたし。
軌跡は遅いけどその分マウスが軽くなったのでプラスマイナス同じかも。
クリック感は良好。
Mighty Mouseでは右クリックがなかなか行いにくかったんですが、Magic Mouseではほとんど誤動作がないのもよくなった点ですね。
因みに、スクロールのジェスチャーなんかはWindows環境では動かないということになっていますが、SynergyでWindowsと繋げていると、あら不思議、何の問題もなくスクロール可能です(スワイプとかはどのWindowsアプリが対応するのか知らないので試してませんが)。
Synergyがシミュレーションしてくれるからなんでしょうね。
将来的にAppleのマウスはMagic系に移行するのかな?
おもしろいデバイスだと思うので、Macに限らずWindowsとかマルチOSも考慮した進化をしてくれると嬉しいですね。

2007-09
02
00:52:00
旅行びと日記 R1.15リリース


約一年半振りですね。旅行びと日記 R1.15をリリースしました。
主な変更点は以下です。

  • インストーラをVISTA対応にしました。これで「現在稼動中のOSをサポートしていません」と言われる症状は無くなると思います。但し、インストール自体は管理者権限で行うようにしてください。
  • コントロールパネル「地域と言語のオプション」にて和暦を指定していた場合に落ちていたのを修正。また和暦を指定していた場合にも対応するようにしました。
  • 主なダイアログでオートスクロールを可能にしました。これにより画面が小さな場合にもスクロールバーで全内容にアクセス可能となります。
  • Undoをキー入力(Ctrl + Z)で行えていなかったのを修正。
  • 直接入力時のフォントが異なっていたのを修正。

「旅行びと日記」に関しては頂いているメールなどを拝見する限り比較的安定して使って頂いているようなので、今後VISTA関係やその他バグの対応以外には大きな機能追加などは無いと思います。ひょっとするとこれが最終バージョンアップかもです。
以前から.NET2以降対応もしたいと思いつつ使用しているライブラリが1.1対応のものばかりなので手付かずでした。
しかし少し思うところもあり、「旅行びと日記2」とも言うべきソフトを考え中です。
かなり今とは発想が異なるものになるかも知れません。
が、まだまだ時間が取れていないため、いつになりますやら。
期待せずにお待ち下さい。
問題などありましたらコメントなどでお寄せ下さい。

2006-02
11
06:26:00
[mixiのデザイン変更から学ぶ、ウェブサイトの最小横幅を800px以下にすべき理由]


mixiのデザイン変更から学ぶ、ウェブサイトの最小横幅を800px以下にすべき理由
mixiのレイアウトが大幅に変更された。右側にサイドバーが出現して、全体の横幅が大きく広がったのだ。全体の横幅は900pxほどだ。このため、私の環境ではブラウザの横スクロールバーが現れるようになってしまった。
(略)
これはユーザビリティ的にかなりよくない状況だ。横スクロールは可能な限り避けなければならない。なぜなら多くのユーザーは横スクロールすること自体に不慣れだから。
しかし、画面を見てお気づきの方もいると思うが私はWindowsのタスクバーを縦に配置している。このレイアウトはマイノリティな類であろう。このレイアウトのためにブラウザの横幅が縮まっているので「それは例外だ。みんなブラウザの幅は900px以上にしてるよ」という声が聞こえてきそうだ。しかしこれには反論の余地がある。ブラウザでサイドバーサイドバーを活用しているユーザーのことを考えてみたことがあるかい?IEでお気に入りをサイドバーに配置している人は相当数いるだろう。

がぁん。
うちは集計したら横幅が800px以下は2%未満だったので、900pxぐらいに合わせたのだけれど(240 x 346なんてのは多分PDAなので気にしない)。タスクバーやサイドバーを横に置いて使ったら800pxになっちゃうだろうなんてのは寝耳に水の話で、言いがかりか嫌がらせじゃないかってぐらい、発想から抜けてました。
そんな時こそOperaですよ。
たとえそんなページがあったところで、[表示]メニュー-[ウィンドウ幅に合わせる]をチェックしておくだけで、ほら、この通り!
20060211061540.jpg
横スクロールバーが出ることなんてまずありません。
ちょっと見難くなっても、対外のサイドバーなんて大した情報じゃないから、大丈夫!しかも何とか読めるし。
みんなOperaを使って楽になりましょう。