タグ別アーカイブ: ハンドリング

2009-11
05
03:00:00
ニコニコPodder R1.1.15をリリースしました


コメントで頂いた「自分のマイリストをすべて取り込む」を実行するとハンドリングされていないエラーで落ちる問題ですが、致命的であると判断して急遽R1.1.15をリリースしました。
# あ、仮に前バージョンをR1.1.13 Build42で出してても数時間の命だったのか、なるほど。
何かありましたらコメント欄までお願いします。
* R1.1.16をリリースしました。今後はそちらへどうぞ

2008-11
25
00:25:00
ニコニコPodder R1.0.11をリリースしました


R1.0.11です。
■マイリストの選択肢をマイリスト名に変更
ずっと以前に要望でも頂いていたのを思い出しました。自分でもマイリストが多くなってくるとURLだけだと不便でした・・。
■認証エラーやサーバーエラー時のハンドリングを改善
コメント欄でも頂いていた問題です。
今回からブラウザ認証統合などで発生した認証エラーは最初に表示され明確にエラーとして処理されます。
また想定外のサーバーエラーのハンドリングも一部改善しています。
■コミュニティ動画へのアクセス権限エラー時のハンドリングを改善
権限のないコミュニティ動画の場合は従来通りスキップさせるとともに、分かりにくかったのでリスト上の色を他のエラーと分けました
■連続アクセスエラーが発生した場合には処理を終了するように変更
明確に連続アクセスエラー(短時間に集中アクセスしすぎるとニコニコ動画側でエラーになります)をハンドリングしたついでに、引き続き処理をするのは好ましくないのでそこで終了させるようにしました。
このエラーが発生するような場合は手動で十分なアクセス間隔を設定して使用するようにして下さい。
その他変更履歴を参照下さい。
# 直近ではないですが、大きな機能拡張を考えています。
現状のR1.0系列はもしこれであまり問題ないようでしたら機能FIXして安定版としてリリースする予定です。
ただ時期的にはあまり時間が取れにくくなっているのでしばらく先になると思います。
何かありましたらコメント欄までどうぞ。

2004-07
18
00:00:00
Seesaaブログ XML-RPC機能における問題点


Seesaaは、利用者としては意外にいいブログだなーと思ってたんですが、XML-RPC機能の実装については、かなりがたがたみたいですね。商用版も販売していたと思いましたが。。
MTみたいに素直には使えそうにはありません。
現時点で気づいている点を一応メモで残しておきます。

1. 存在しないPostIDでmetaWeblog.editPostとかすると、InvalidなFaultレスポンスが返ってくる。

以下がその抜粋ですが、

<member><name>faultCode</name><value><string>Server</string></value></member>

うーん、faultCodeはintのはずなんだけど、しかもServerですか・・。
多分Faultな時は全部こうなのかも。

2. mt.supportedTextFilters でプラグインを返してくれない。

Webサイトでも制限として述べている通りです。
でもConvert Line Breaks(1)はPost時に指定してしまえば使えるんだな、これが。

3. dateTime.iso8601型の形式がYYYY-MM-DDTHH:MM:SSとなる

例えばmt.getRecentPostTitlesした時など。
単にISO8601と言えばこっちの方がポピュラーなので間違えやすいと言えばそうなのですが、XML-RPC仕様ではYYYYMMDDTHH:MM:SS形式でないといけません。
XML-RPC.NETだと形式に厳密でハンドリングしてくれない・・・
他にも気づいたら、また追加しておきます。
他のBlogサービスでも多分色々あるんでしょうね。
さて、実装はどうしよう・・・少し考えます。
PS. ちと、とりあえずお知らせページにトラックバックしておこう。