タグ別アーカイブ: 感想

2012-11
14
21:09:35
Nexus 7でAndroid4.2を少し触ってみた感想をかなりいい加減に書いてみる


しぱらく気にしていなかったうちに今日からOTA配布されていたのを徳丸さんに指摘され、「レポートよろ」とか言われたので久しぶりにブログでも書いてみる。
でも最近Android開発もしてないし、Nexus 7はほぼマンガ読書装置と化していたのであんまり使いこなしていなかったので、そんなに大したことは書けないのですよ(^_^;
新機能もあまり把握していなかったので、こちらの記事を参考にしながらちょっと確認してみます。

マルチユーザー機能

設定にユーザーという項目が増えていて、ここから設定できます。基本的にGoogleアカウントを追加するだけなので作業はあっという間に終わります。
一度設定してしまうとロック画面でアカウントが選べるようになっています。




WindowsやLinuxと同じようにホーム画面からインストールアプリやGoogle Playでの購入(まあ当たり前ですね)まで完全に分離されます。またロック方法も別に設定できるので、例えば重要な個人アカウントとテスト用アカウントなどと区別しても便利でしょうね。
因みに、Nexus 7特有の「2000円分のPlayクレジットプレゼント」も実は新たな追加アカウントにも適用されるようです。但しPlayにも登録してクレカ設定も必要なようなので試していませんが、いいのかな、これ。

パノラマ撮影

興味ないので知らん・・・

ジェスチャタイピング

まあご想像の通り、Androidの標準英語キーボードだけの対応です。日本語に付属のWnnでは対応していません。まあそうでしょうね。
因みに最初は何のことかよく分からなかったんですが、要は指をスクリーンから離さずに入力したいキーを順になぞりつつ対象キーで少し止めたり曲がったりを検知して入力するのをジェスチャと称しているようです。
うーん微妙・・・。

Miracast対応

ちょうど昨日ネットギアから対応機が発表されましたが、実はGoogle的には4.2の目玉はこれなんじゃないかなと思います。Wi-Fi経由でTVなどへ動画を転送する、マルチスクリーン化の一環ですよね。
AppleTVと似たイメージもあるけど、あくまでAndroid端末が主役なのが大きな違いかも知れないですね。別にGoogleの独自規格では無いんですが、将来的にはスマートTVとの連携やAndroid搭載STBなどへの応用も当然視野に入れているのでしょうね。

でも僕は興味ないです・・・。

「Daydream」スクリーンセーバー

興味ないです・・・。

Quick Setting

実は通知領域が二つに増えています。一つは従来の通知領域でバーの左側を下へスワイプすると従来通りに表示されます。
今回追加されたのは、バーの右側をスワイプすると現れる、 Wi-FiやBlueTooth・機内モードその他設定へのショートカットです。




正直例えば僕はInfoWidget2をインストールしているので既に通知領域から設定可能だったので別に必要も無いのです。 が、まあ正統な進化なのでしょう。
ただ、単に設定項目が増えただけで無く、アプリから任意の複数のアクション(多分インテントを呼び出せると言うことかな?)が実行可能になるそうなので、 それはそれで便利かも。
当面Google謹製アプリだけみたいに読めるのですが、任意のアプリからも可能になるとまた面倒なこともあるかも知れませんね。

Google Nowの機能強化

実は・・・うちの環境では「天気しか」カードが表示されないので何も試せないのですが・・・。(Nexus Sでは予定も一応表示されるのだけど)
記事ではスポーツや映画館・緊急情報などが追加されているようですが、そもそも日本でどこまで利用できるのかよく分からないですね。どうなんでしょう。
個人的に実は一番便利に使いそうなのは「荷物の追跡機能」なんですが、どうやらGMailから追跡番号の通知を読み取って表示する仕様のようなので、これまたいろいろ対応度は低くなりそうですね。アマゾンからの配達とか個人輸入のEMS追跡できたら便利なんだけどなあ。。

実は個人的には一番便利に使いたいのは、Google Nowというか、メールやスケジュール・RSSなど含めて様々な情報からサマリーしてくれる、例えば朝そこを見ると情報が鳥瞰できる「個人ポータル」的なアプリなんですが、Google Nowは少し違う方向のようですね。個人アシスタントというイメージとは違う方向性なのかなあとも感じます。
別にGoogleに用意してもらう必要も無いので、誰か作ってくれませんか・・・?

ロック画面にヴィジェットが配置可能に

実は、NOKIAのホームスクリーンやiPhoneでもJBしたらLockInfoを使ってきた僕としては一番楽しみだったのですが・・・。(セキュリティ?何それ)
まずヴィジェットの配置方法が最初はよく分からないと思います。他のヴィジェットのようにアプリ一覧から選ぶのではありません。正解は、ロック画面にデフォルトだと時計が表示されていると思うのですがこれをおもむろに右へフリックすると追加ボタン?が現れます。




そしてこれを押すと追加できるのですが・・・、用意されているヴィジェットが「時計」「カレンダー」「GMail」の三つしか無い!
また解説ビデオによればヴィジェットのサイズは変更できそうなのですが、 少なくとも僕のNexus 7では出来ず、下半分はロック解除用で上半分にどれか一つを置いてスワイプで表示を切り替えるしか出来ませんでした。また、デジタル時計には複数のタイムゾーンの時計も追加できるのですが、ちょっと多いと全部表示できないですね。

 

このあたりも(特に探していないけど)、ホームアプリやロックアプリの方がいいものがあるかも知れません。
または、Nexus 7では無くタブレット機なら(Nexus 7はタブレットのように言われることもありますが、画面解像度からスマートフォン設定になっている、れっきとした「画面が大きい」スマホです)もう少しサイズ変更や複数配置も含めていろいろ使えるのかも知れません。

アクセシビリティの強化

いいことです。

その他

開発者向けオプションがデフォルトでは隠されているようです。
設定画面に表示するには、設定のタブレット情報から「ビルド番号」を7-8回?ほどクリック連打すると「ディベロッパーになった」と言われてメニューに開発者向けオプションが表示されるようになります。
因みにAndroidバージョン連打時のジェリービーンズくん(今名付けた)も健在です。

またパーミッションの種類も増えたようですが、そちらは多分詳しいどなたかが解説して下さることでしょう。

 

 

ぱっと見は全然変わったように思わなかったんですが、細かく見るといろいろありますね。でもどれも少し期待した割には詰めが甘いような物足りないような・・・。まああまり機能追加しすぎてもディベロッパーの開発意欲を削ぐでしょうから難しいとは思うんですけどね。
ただGoogleはこれからAndroidをどうしたいのかまだいまいちよく見えない気もしますし、少なくとも今回はタブレットやSTBなどの組み込み機器へのリーチを当面目指したいのかなとも感じました。まあそれならディベロッパーとの住み分けも割と可能そうですよね。

こんなところですー

 

 

 

2005-01
15
17:12:00
SoftwareDesign 05/01月号 「Atom基礎講座」の感想などを


遅まきながら会社からパクってきて(本当にパクった訳ではないですけど)、ウィザシステムさんのBlogWrite担当氏が執筆された「Atom基礎講座」をようやく読み終えたので、偉そうに感想なんかを。
一言で言えばAtom規格(Feed, PP含めて)全般を知るFirst Experienceとしては非常に良かったと思います。
個人的には特にFeed規格はあまりよく知らなかったので、RDF/RSSとの比較などは非常に発展性を予見させる内容かつ冷静な視点の記事で読みやすかったです。
同様にAtomPP(Atom API)編も大変まとまりよく、(現時点でのという制限付きではあるでしょうが)資料的価値も付加されバランスも良く、明瞭です。こまめに迷わない程度の最小限度のTipsや注意が入っているところも、さすが開発者ならではというところでしょうか。
AtomPPはそもそもBlogにでも関わっていない限り通常のエンジニアも聞いたことさえ無かろうと思うので、例えばWebDAVとの比較のように特徴やポジションをイメージさせるというか、導入部分での啓蒙はとても大事ですね。
唯一、第4章の実践編はもう少し詳しくて欲しかったなぁという気はします。但し、これは完全に枚数が尽きていたのだと思いますが。
またライブラリの関係上コードサンプルがPerlなのは仕方ないとは思うものの、
Javaなど多言語での利用についての言及がWSDLベースで少しだけだったのが残念。
とは言え、現時点では、日本語では最もまとまったAtom解説であることは間違いないでしょう。
エンジニアの皆さん、とりあえずは少しAtomに注目してみてはどうでしょうか。