タグ別アーカイブ: 海外

2009-01
10
03:23:00
BBA主催「オープンプラットフォームの進展で期待したいモバイル・ブロードバンドビジネスの将来展望」パネルディスカッションを聴いてきた


あまりこういう会には行かないんですが、ブロードバンド推進協議会が主催する「オープンプラットフォームの進展で期待したいモバイル・ブロードバンドビジネスの将来展望」(長い!)というパネルディスカッションを見てきました。
参加してみたくなったのはメンバーがなかなか面白そうだったから。

オープンプラットフォームの進展で期待したいモバイル・ブロードバンドビジネスの将来展望
■日時
2009年1月9日(金) 16:30開始
■会場
笹川記念会館
■主催
有限責任中間法人ブロードバンド推進協議会
■パネリスト

谷脇康彦(総務省情報通信国際戦略局 情報通信政策課長)

松本徹三(ソフトバンクモバイル株式会社 取締役副社長)

夏野剛(慶応義塾大学 特別招聘教授)

山根康宏(携帯電話研究家/ジャーナリスト)

ね、面白そうでしょう?
夏野氏はdocomoは退職済みですが、あの「iモードの生みの親」です。本人は「前職のことなので」とは言ってましたが発言自体はキャリアの立ち位置そのままでした。
山根さんは言わずと知れたあの山根さんです。初めて生山根さんを見て、ちょっとだけミーハー視線を浴びせてしまったのは内緒です。
このように官僚代表とキャリア代表と携帯研究家(笑)が一堂に会するパネルディスカッションもそうそうは無いでしょう。
パネリストはかなり豪華でしたが思いもよらずまさかあのようにぐだぐだな経過を辿り、そしてあんなまさかのどんでん返しがあろうとは。
時系列で簡単ですが内容を紹介してみます。

Continue reading

2008-12
08
23:07:00
au、Walkman Phone, Xmini


auには興味は沸かないけど、これはいいですねー。
Walkmanとか関係なく、デザインだけでつられる層が結構いそうだ。
20081208230151.jpg
日本の携帯に思えないデザインセンスはさすがソニーエリクソンと言えるでしょうか。
昔ドコモにあったpreminiにちょっと似てますね。あれもかっこよかったー。
Walkman携帯って海外では普通に出回ってますが、日本ではこれが本格展開になるのかな?
案の定、音楽以外の機能が物足りないのは残念ですが、この携帯は海外で展開ているノウハウと日本ならではの機能がうまく融合できた、理想的な例かも知れませんね。
こういう個性的な携帯をキャリア関係なく使いたいんだけどなー。

2008-11
27
20:15:00
ノキアが日本国内での端末販売から撤退


ぐお、マジか。。
ノキア、日本市場での事業展開を見直し
さもありなん、といったところでしょうか。あれだけ海外でシェア持っていれば微々たる日本の売り上げのための投資なんて、無駄なコスト以外の何者でもなかったでしょうね。
経営としては正しいと思いますが、ユーザーとしては残念。。
SIMアンロックで、国内キャリアでの利用は保証しなくていいから、日本語対応端末を出して欲しかったです。
せめてE71はちゃんと出して。買うから。
先ほどの記事では書かなかったけど、キャリアだって”ガラパゴス”化からはデメリットは受けると思うんですよね。
海外ではNOKIAやサムソンなどが豪勢をを極める一方で、三洋や三菱、ソニーエリクソン(は一部キャリアからだけど)にノキアなど、これだけメーカーが携帯事業から撤退する国がどれだけあるか。
「携帯が売れない」とか言うけど、当たり前。以前よりより少ない種類の端末、目新しいことが起こらない端末と閉塞感。それをユーザーが敏感に感じ取っているだけ。
官製不況じゃないですよ。ビジネス構造が引き起こしている「キャリア発信型不況」ですよ。
守ることしかできないキャリアでは決して抜け出せない、綿で首を絞められて窒息していくような、そんなスパイラルに陥っているんだと思います。

2008-11
27
06:18:00
“ガラパゴス”の定義とは


日本のケータイは本当にガラパゴス化なのか!?
こういう理解が低い記事がCNETみたいなメジャーサイトに堂々と載るのはどうかなぁ。
せっかくの議論の論点がずれてへんな話題にしかならなくなると残念。
筆者は何故ガラパゴスと呼ばれるのか、その理由を知らないんだろう。若しくは自分が言いたいことに注力するあまり興味がないのに言葉だけガラパゴスと言いたかっただけなのでは。
要するに海外含めたサービス間の互換性がないマーケットを称してガラパゴスと呼んでいるんですよ。

Continue reading

2008-11
22
11:35:00
ノキアが日本で携帯事業参入


マジでか。
ノキアが日本で携帯電話事業参入、3月からサービス開始
意図がよく見えないんだけど、ようするにハードを売りたいってことなのかな?
日本のキャリア相手に散々いじめられて調整するのが面倒になったのはよく分かるんだけど、そこから独自参入に至ったってのは飛躍しすぎ?
リスクもそれなりにあるとは思うんだけど、MVNOの参入コストはそれほどリスキーではないという読みでしょうかね。
但し、ただ単に海外のキャリアと同じメニューや端末を持ち込んでもやっぱり失敗するだけと思うので、いい意味で日本の独自機能も取り込んだ端末を開発して海外にもフィードバックしたり、日本のメーカーでは出来なかった動きを期待したいところです。
# どうせ販促がメインなのだったら、HTCとかも巻き込んで海外スマートフォン謹製キャリアとして確立するというのはどうか。互いの利害や端末志向もも一致していると思うのでいいと思うんだけどなぁ。