タグ別アーカイブ: 負荷

2006-03
14
00:00:00
2006年03月14日のブックマーク


sta la sta – Web上で仮想都市シミュレーション – Zanpo Virtual Cities
ありがちな発想だけど操作性が楽しそう。ゲーム?になるのかな?SimCityみたいに目標とか何かあるんでしょうか。
ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記 – 白人が黒人になり、黒人が白人になって生活する実験TV
その発想と実現させてしまった方法論に感服。番組を見てみたいなー。どっかのP2Pに落(P–
児童小銃 .456 – 『ネットランナー』にはまちちゃんインタビュー
はまちちゃんが厨のアイドルデビュー!悲しいけど、僕はいつまでもへちまちゃんの味方です。
TEDDY-G本家: Got2VideoのUser Rating Top 20をPodcastRSSとJSONで配信
面白いことやってると思うんだけど、今一注目されていないような気がするのは何でだろう?
[ぴ] – ライブドア 次世代テクノロジーセミナー , WX310SA 不良情報メモ , 論争 はしでカレー 学校給食4割スプーン使わず@富山新聞 , ..
ああ、どこも同じなんだなぁ。mixiもしかりだったし。結局DB負荷をどうするかが最後に残る命題で、それによって構成が全く違うものになるし。アプリ層で負荷分散するのが結局ベスト・プラクティスなのかなぁ。

 : my Hatena-Bookmarks (^_^)

2004-09
01
00:12:00
P2P + CDN = CORAL


元ネタはINTERNET Watchから

分散P2P技術を使ってWebサーバーへの極端な負荷を軽減できる無料のコンテンツ配信ネットワーク(CDN)をニューヨーク大学が開発し、30日に正式公開した。無料で利用でき、日本語サイトでも問題なく使用可能だ。

このCORALはP2PをベースにCDN(Contents Distribution Network)のためのキャッシュを配信し、DynamicDNS(ていうか、単なるIP差し替え)との連携で最も近くのキャッシュを参照させる研究プロジェクト、ということらしい。
簡単な発想には見えますが、別に奇をてらわなくても、既存技術を論理的に組み合わせ直すことでも、全く新しい可能性は広げられると言う点で評価できます。個人的には、こういう考え方は大好きです。
こんな風に手軽に使える、というのも既存基盤をそのまま素直に使うからこそですね。
ただ、では現実的に浸透しうる技術基盤かというと、そもそもインストールベースを確保できるかどうかが問題でしょう。
サイト側として負荷を分散して欲しいに過ぎない訳で、それだけではユーザーとして積極的な導入理由にはならないでしょう。そこまでして見たいサイトなんて、あまり思いつきませんし。
またCookieが使えなかったり(これはキャッシュサーバーである以上、RFC2616的に正しい)、当然ではあるのですがリアルタイム性も(少なくとも現時点では)無い模様です。
つまり完全にシーズから発想したプロジェクトに過ぎず(だからこそ研究なんでしょうが)、どこにユーザー側ニーズを織り込んでいくかが、今後の発展へのポイントになることでしょう。
ということで、CDNは必ずしもメインのゴールとはせず、せっかく溜まり行くキャッシュですからこれを使ってInternet Archiveのような時間軸で指定できるキャッシュアクセス機能とか、アクセスするサイトの傾向から趣味趣向の似ているノードどうしで自動的にクラスターが組まれてアクセスランキングやより精密な検索が可能になるとか、結構いろいろアイデアは出せそうです。
ちょっとだけ要注目ですかね。

2004-08
30
07:41:00
MTによる大規模サイト構築は本当に可能か


先日紹介したnaoyaさんのTechknow Movable Typeの最近の回でMTにおける中〓大規模サイトでのシステム構成という記事があります。
Blogに関しては完全にユーザーの視点からしか見てきてなかったので(本業では関わってませんので)、一転して設計者/運用者側からの視点としてなかなか面白く読みました。
その中での、MTにおける三層モデルによるスケーラビリティへの対応策を見て、考え込んだことがあります。
それはMTでの大規模サイト構築は本当に可能なのだろうか、ということです。
* 以下、これは批判ではなく、考察として捉えて下さい。

Continue reading