タグ別アーカイブ: Apple

2014-09
13
03:40:51
iPhone6/6 Plusの総額コストを大手キャリアとSIMフリー+MVNO前提とで比較してみる


昨日(9/12)、ようやくiPhone6と6 Plusの価格が一部大手キャリア(MNO)から発表され9/19の発売に向けて予約が始まった。

速報:ドコモ、価格未定のままiPhone 6 / iPhone 6 Plus の予約受付を開始(更新)
速報:au、iPhone 6 / 6 Plusの販売価格発表。iPhone 6は7万2360円〜、iPhone 6 Plusは8万5320円〜
速報:ソフトバンクがiPhone 6 / 6 Plusの販売価格発表。iPhone 6は7万80円~、6 Plusは8万3280円~

最大手キャリアのドコモからは本体価格が不明なまま予約だけが始まるという意味不明なことになってしまったが、auとソフトバンクでは本体価格と毎月割・月々割価格も判明したことで、月額コストや1年または2年間の総額コストも割り出せるようになった。

(追記: 2014/09/15)
14日にドコモも本体価格および月々サポート額を発表したので、初稿にこれを反映した。

「携帯やスマホの維持費」というと月額料金にばかり目が移りがちなのだが、実際には月々サポート・毎月割・月々割などで値引きされているように見えて実態は本体価格の割引であったりして、実態を示していないことが多い。
僕自身は携帯・スマホの維持コストは、1年や2年間などその端末を利用し続ける予定の期間の総額コストで比較すべきだと思っている。

ということで、本稿では大手キャリアと契約した場合と、同時にアップルストアで販売されるSIMフリー機とMVNOと契約した場合の1年または2年間の総額コストを、どの程度異なるのか比較してみよう。
なおMVNOとしては人気ブランドかつ通話も可能という点からIIJmioのミニマムプラン(高速データ通信1GB/月まで。音声通話付き月額¥1,728)を例に挙げてみる。
なお以下はあくまでシミュレーションであって、例えば契約開始月と毎月割・月々割開始月がずれるなどの理由で必ずしも実際の支払額はこの通りにはいかないだろう。あくまで傾向を示していると理解して欲しい。
内容の正確さについては筆者は保証しない。

Continue reading

2010-11
28
05:22:27
Appleは本当に垂直統合なのか – 日本の携帯キャリアとの違い


よく「日本の携帯キャリア構造を垂直統合と言われるがAppleこそ垂直統合ではないか」「Appleは日本のケータイ業界を参考に垂直統合戦略を組み立てた」などという人がいる。
しかし個人的には果たして日本のキャリア構造とAppleの戦略を同一視し、更にはそれを理由に日本のキャリア構造について肯定的に捉える(または言い訳に使う)論法には反対だ。
また更にはそれをして「勝てば官軍、負ければガラパゴス」とまで拡大解釈する向きもあるようだ。
ここではその「Appleこそ垂直統合・ガラパゴス」主張について反論をしてみようと思う。

Continue reading

2009-11
06
02:00:00
Apple Magic Mouseはマウスじゃなくてタブレット


IMG_0047.JPG
注文していたApple Magic Mouseがようやく届いて、大体これで一日ぐらい使ってみましたので、その感想を。
これまでWirelessのMighty Mouseを使っていたんですがそれに比べると薄くなって高さが無くなり持ちにくく、また各所での話題通り軌跡が遅く「使いにくい」というのが第一印象。
でもそれから半日ほど使って分かったのは「これはマウスではない。レーザーマウス機能を付けたタブレットだ」ということ。
Mighty Mouseあたりだと、まず手のひらでマウスをがっちり持ち手首でマウスを動かして中指でセンターホイールをスクロールするといった、まあ普通の使い方ですね。
しかしMagic Mouseは、まず薄いので手のひらでしっかり固定するということはし難いです。よって手のひら全体を載せて、軌跡が遅いので上腕部を動かして移動。スクロールとかは一端手のひらをはずしてから、「マウスの表面全体で」ジェスチャー、というスタイルになりました。
つまり所謂マウスのつもりで操作すると使いにくくてしょうがないんですね。そう思わずに薄いタブレットを机に滑らせて操作しているつもりに意識が変わると使い方にも慣れると思います。
つまりは全くマウスとは違うデバイスをAppleを作りたいんじゃなかったのか、と。
だいたいマウスジェスチャーって時点でMBとかのガラス製タッチパネルからの発想であることは明白だと思うんですが、簡単に言うと、Magic Mouseの表面は全面タッチパネル(残念ながらガラスではないようですが)なのでマウスジェスチャーのためのデバイスに見えるんですよね。
まだまだ対応しているジェスチャーは少ないみたいですが、対応するアプリやジェスチャーの種類が増えると全く違う操作性が現れてくることでしょう。Appleがどこを着地点にしているか分かりませんが。
他には、悪評高かったセンターホイールが無くなって本当にメンテナンスフリーになったのは大変喜ばしいです。月に一度はぐりぐり掃除しないと動かなくなっていたし。
軌跡は遅いけどその分マウスが軽くなったのでプラスマイナス同じかも。
クリック感は良好。
Mighty Mouseでは右クリックがなかなか行いにくかったんですが、Magic Mouseではほとんど誤動作がないのもよくなった点ですね。
因みに、スクロールのジェスチャーなんかはWindows環境では動かないということになっていますが、SynergyでWindowsと繋げていると、あら不思議、何の問題もなくスクロール可能です(スワイプとかはどのWindowsアプリが対応するのか知らないので試してませんが)。
Synergyがシミュレーションしてくれるからなんでしょうね。
将来的にAppleのマウスはMagic系に移行するのかな?
おもしろいデバイスだと思うので、Macに限らずWindowsとかマルチOSも考慮した進化をしてくれると嬉しいですね。

2009-01
07
23:53:00
Appleこそが「Web2.0」企業と呼ばれるようになるのかも知れないよ


寝ぼけながら最新ニュースを見ていたので朝の時点ではぴんと来ませんでしたが、家に帰ってから改めてMacworldでの発表記事を見てみるとなかなか興味深いですね。
中でもiLife ’09の新機能はとても興味深く、そしてAppleらしい製品へ向かっているのだと思います。
どこがすごいの? Macworldで大目玉の「iLife ’09」スイートを徹底おさらい

  • iPhotoでの顔認識と類似画像判別エンジンによるタギングとグループ化
  • 写真に埋め込まれたジオタグから撮影地インデックスによるグループ化
  • FacebookタグやFlickrジオタグとの連動
  • これらと連携したスライドショー

こういうのってこれまでWEBサービスでもよく見られた技術ですよね。実はそれほど目新しいものではありません。
しかしiPhotoとローカルPCで組み合わせたとたん、素晴らしく見違えたように思えるのは何故でしょう。
それはローカルPCというユーザーに最も近く、確実にユーザー自身の身近なデータとの簡易な連携が新しい「ユーザー体験」を予感させるからだと思うのです。
Appleは特にこうした「デスクトップとWEBの融合」にかけては現在No.1だと思います。

Continue reading

2008-10
31
01:30:00
AppleがiPhone版Operaを拒否?


Opera Watchによると、Opera社のTetzchner CEOが「せっかくOperaのエンジニアがiPhone版Opera miniを開発したのに、Appleが拒否した。Safari以外のブラウザを使わせないのだ」と非難したそうです。
これが本当だとしても、昨今のApp Storeでの状況を見るとさもありなん。
App Storeは完全に公平なルール無視のAppleのためだけの場ですからね。
それにしても残念。Opera miniは使い勝手を考えてもモバイル環境では最高のブラウザーだと思います。iPhoneでも使えるものなら使いたいです。
Appleからすれば「Appleの美学」の範疇の問題なんでしょうけど、ブラウザのような重要なピースにこそ公平な競争原理が欲しいものです。
オープンな話し合いとかできないものかな。