タグ別アーカイブ: EZWeb

2011-11
22
16:42:07
auのPCサイトビューアーで脆弱性が発覚か? – 続:auのEZWebがそろそろ終了しそうな件


この記事はauのEZWebがそろそろ終了しそうな件の続編です。

当該記事では「EZブラウザとPCサイトビューアーのIPアドレス帯域が統一される」ことから場合によってはEZWebの課金システムや一部認証が脆弱性に晒され得るのではないかと危惧したのだが、もしかすると本当に現在それが起きていた(いる)かも知れない。

F001のHTTPヘッダ

F001(PCサイトビューアー)※一部伏せ字
あれ?REMOTE_ADDRが111.87.241.##?
これ、2011年秋冬モデル以降の一部機種のEZブラウザ/PCSVのIPアドレス帯域じゃないですね。
従来のPCサイトビューアーのIPアドレス帯域でもありません。

EZWebとPCサイトビューアーのIPアドレス帯域が具体的にどんなアドレスになるかは上記の通り既に公表されているのだが、どうやら現在PCサイトビューアーからアクセスすると全く別のアドレスになっているようだ。つまり以前からのアナウンスにも関わらずEZWebとPCサイトビューアーのIPアドレス帯域は統一されておらず別のものになっているようだ。これは何を意味するのか。

auの2011年秋冬モデルである「F001」のHTTPヘッダが従来機と比べて大きく変更になっているようです

通常のEZwebブラウザとPCサイトビューアーのIPアドレス帯域が統一された関係で、PCサイトビューア+JavaScriptを使っての値のねつ造ができないかどうかが気になります。

上記の記事を見ると、本来来るはずのない帯域からアクセスが来ているとのことなのですが、この辺りの問題が解決できてなかったからとかではないでしょうね。。。

恐らくk-tai.orgさんの予想か当たっているのではないだろうか。

これは想像だが、当初はもちろんEZWebとPCサイトビューアーのIPアドレス帯域は統一されたのだろう。しかしPCサイトビューアーでEZWebのHTTPヘッダーのケータイID(個体識別番号、サブスクライバーID)を偽装できる問題が発覚してしまったのでは無いだろうか。
そのため少なくとも一時的にでも問題を回避できるように、PCサイトビューアーのIPアドレス帯域をEZWebとは急遽別にしたのではないか。

以前の記事からも繰り返しになるが、ケータイIDを脆弱ながらもぎりぎり安全に保つには一般に三つの条件がある。

(1) そのアクセスがそのキャリアの携帯網(IPアドレス帯域)からのみであることをサービスプロバイダーが保証すること
(2) 携帯網ではケータイIDが偽装されていないことをキャリアが保証すること
(3) 端末の自由度を低くしてケータイIDの偽装などの可能性をできるだけ低く保つこと

このうち2についてはauでは採用されていない可能性がある。そして今回PCサイトビューアーとIPアドレス帯域を統一することで1でサービスプロバイダー側にてEZWebからだけのアクセスでありHTTPヘッダーのケータイIDをそのまま信じていいのかどうかは微妙になった。後は3の条件のみが頼みの綱となった。
すなわち「PCサイトビューアーからケータイIDを偽装して付加できることがあっては絶対にならない」のだ。もしそうなってしまえばケータイECの信頼性は崩壊する。
しかしながら、それが今回偽装できることが発覚してしまったのでは無いだろうか。

以上はあくまで想像に過ぎない。またとりあえずPCサイトビューアーのIPアドレス帯域が緊急的に変更されているのなら差し迫った危機は回避されている。

そこで以下のような公開質問をauのカスタマーサポートへ行ってみた。

「PCSVのIP帯域とセキュリティについて」
表題についてご質問です。
1. 今秋冬モデルからEZWebとPCSVのIP帯域が統一されるとのアナウンスがありますが
http://j.mp/vzi7QB
http://j.mp/tG3hDj
こちらの記事 http://j.mp/uEniDb によれば実際には記載の無いアドレスからPCSVはアクセスされているようです。
これは事実ですか?事実である場合理由は何ですか。
2. どこかでこれらはアナウンスされていらっしゃいますか。
3. http://j.mp/v4AqrD では「PCSVにてHTTP_X_UP_SUBNOの偽造が可能なのでは」との推測がされています。
私も同様の疑いを持ちますが事実関係はいかがでしょうか。
4. 3が事実であった場合、現在まで告知がされていません。それは何故ですか。脆弱性は隠したいとの意図でしょうか
なお本件は公開質問として送付させて頂いております。ご回答に付き適時適切に公開させて頂く場合があります旨ご了承下さい。
以上、お忙しい中大変恐縮ではございますが、ご回答頂けましたら幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

(なお質問がつっけんどうで分かりにくく感じられると思うが、これはauの問い合わせフォームが上限500文字で最低限まで文字数を削る必要があったためだ。せめて1000文字ほどあればもう少し丁寧に書けるのだが…)

結果が帰ってくればまたご報告したいと思う。
以前脆弱性公開ポリシーについてauへ質問した際には、「システムに脆弱性があることについて事実確認されアップデートによって脆弱性が解消できることが判明した場合には必ずWEBサイトで告知を実施した上でアップデート対応を実施する」「セキュリティに関わる問題については悪用される危険性があるため詳細な内容については公表しない。但し該当ユーザーについては個別に周知している」と回答頂いているので、仮に事実であれば問題解消後には必ず公表されるだろうし、また少なくともF001ユーザーやコンテンツプロバイダーには事後報告がされるはずだ。今回の件はその試金石となることだろう。

事実であったとして、F001にはセキュリティアップデートが行われるかも知れない。しかし全ての端末がアップデートをするとも限らない。とすればIP帯域の統一は簡単には戻せないかも知れない。果たしてどのような改修が行われ得るだろうか。
今後その点にも注目しておきたいと思う。

追記(2011/11/23)
Kimuraさんの検証によれば、F001のPCサイトビューアーではJavaScriptでUserAgentおよびX-UP-SUBNOの変更や追加は出来なくなっているとのこと。(以前の機種では出来た)
F001のPCサイトビューアーでsetRequestHeader
こうした仕様はIPアドレス帯域を統一する以上想定内(大前提)の仕様なのだが、にも関わらずIP帯域が分けられていると言うことは、これを回避して変更・追加する方法が存在するということになりますね

追記(2011/11/28)

KDDIから回答が来ましたが、「PCでもPCサイトビューアーでもHTTPヘッダーの書き換えが出来るのは当然のこと」「セキュリティ確保のためEZWebとPCSVのIPアドレス帯域は分離している」のだそうで・・。この自分で整えたちゃぶ台をひっくり返す回答はどうしてくれようか、混乱中です・・・。
因みにEZfactoryのお知らせIPアドレス帯域に変更がされましたね。何やらこれまでアナウンスしていた「EZWebとPCSVのIPアドレス帯域の統一」が無かったことにされているのですが・・??

とりあえずこういう質問にしておいた。

以前よりKDDI様では「2011年秋冬モデルよりEZWebとPCSVのIPアドレス帯域は統一する」とアナウンスされていらっしゃいましたが、
下記ご回答とEZfactoryを拝見する限り、これらが無かったことになっているようですね。
今後ともEZWebとPCSVのIPアドレス帯域は恒常的に分離されたままになる、ということでしょうか。
またずっと以前よりアナウンスされていた内容がここに来て突如変更された理由は何でしょうか。私が指摘させて頂いていたように
「当初統一する予定だったが、本来変更できてはいけないX-UP-SUBNOがF001のPCSVでは変更できてしまった脆弱性(または仕様抜け)
が発覚したため、予定を変更してIPアドレス帯域を分離することにした」との理由しか思いつかないのですが、いかがでしょうか。
仮にこれが事実であれば全ユーザーが影響を受けるセキュリティ問題であった訳ですから、お立場のある通信事業者としては
隠蔽するのでは無く明白に公表されるべきと思いますが、いかがでしょうか。

追記(2011/11/29)

徳丸浩氏から今回の脆弱性の詳細について公表されました。

KDDIの新GWで「かんたんログイン」なりすましの危険性あり直ちに対策された

端的にはPCSV単独の脆弱性ではなく、PHPなど特定言語との組み合わせの問題ですね。しかし結果として脆弱性として「合成」されてしまう訳で・・・。悩ましいですね。ただ当面は回避されていること、かんたんログイン時のみの問題であることはまだ幸いであるとも言えるでしょう。

追記(2011/12/03)

遅くなりましたが、11/30に上記質問に対してauより返答がありました。
「敢えて」そのまま回答を掲載します。

IPアドレスの帯域は恒常的に分離しておく予定です。
以前よりアナウンスしていた内容を変更した理由は、セキュリティ確保のためです。
セキュリティ確保のために、IPアドレスを分離したことは既に公表しております。
詳細につきましては、セキュリティの観点から回答は差し控えさせていただきます。

とのことです。

この回答への評価についてはまずは皆さんにお任せしますが、後日別途エントリーを上げるかも知れません。

2011-06
15
11:42:45
auのEZWebがそろそろ終了しそうな件


先日auからEZWebに関わる以下のようなアナウンスがなされた。
KDDI au: EZfactory

EZブラウザは、2011年秋冬モデルにて、EZサーバを含め、「機能」及び「ネットワーク環境」の見直しを行ないます。
これによる主な変更点は以下のとおりです。

<主な変更点>
・EZサーバの言語変換機能が削除され、HDMLが非サポートとなる。
・EZブラウザ、PCサイトビューアーのIPアドレス帯域が統一される。

他にもCookie仕様の変更などがあるのだが注目すべきは、「EZブラウザとPCサイトビューアーのIPアドレス帯域が統一される」という点だ。

以前書いた記事も参照して欲しいのだが、

続:携帯で端末ID詐称は可能かもしれない話
(追記) 続:携帯で端末ID詐称は可能かもしれない話

EZWebつまり日本のケータイECを支えているケータイID(端末ID、サブスクライバーID)は単純に契約者または端末ごとに振られたIDをHTTPヘッダーに載せて通知して、WEBサイト(例えば公式サイトでの決済や課金など)ではこれを元に契約者を特定しているだけなので単にインターネット上で実現するとすぐに偽装や詐称されてしまう。
そこで再掲になるが、auに限らずドコモやソフトバンクでも以下のような脆弱な要件を満たさない限り、ケータイIDが偽装・詐称されずに正しく利用されていることはサイト側(サービスプロバイダー)では見分けが付かない

(1) そのアクセスがそのキャリアの携帯網(IPアドレス帯域)からのみであることをサービスプロバイダーが保証すること
(2) 携帯網ではケータイIDが偽装されていないことをキャリアが保証すること
(3) 端末の自由度を低くしてケータイIDの偽装などの可能性をできるだけ低く保つこと

但しauではEZ番号はゲートウェイで付加されるのではなく端末側から直接送信されているようなので、上記の三原則であれば1と3でしか担保されていない模様だ。

EZ番号を使用したケータイECに対応するのがEZブラウザであり(ドコモであればiモードブラウザ)、PCサイトビューアはEZ番号は発信しない単なるフルブラウザである。
しかし上記条件にあるようにEZブラウザ以外のブラウザやアプリからEZブラウザと同様のIPアドレス帯域に接続でき、かつEZ番号を偽装できるならこの日本独自のケータイECの仕組みは崩壊することになる。
であれば果たしてEZブラウザとPCサイトビューアのIPアドレスが統一された後、PCサイトビューアで偽装が可能になってしまわないのか。

この疑問に早速、徳丸浩氏が実験を行い結果を公表された。

EZwebの2011年秋冬モデル以降の変更内容とセキュリティ上の注意点

上記のように、現状のPCサイトビューアでは、EZ番号が追加できるほか、W52TではUser-Agentも変更できます。2011年秋冬モデルの仕様はわかりませんが、上記と同じ仕様である場合、EZ番号の偽装が可能になります。

 

2011年秋冬モデルでもEZブラウザにJavaScript機能が搭載される予定はないようですが、JavaScript機能があるPCサイトビューアのIPアドレスが統一されることで、結果として、事業者ゲートウェイを経由する端末の中に、JavaScript機能を搭載したものが含まれる状態が生まれます。このため、JavaScriptを悪用した攻撃の可能性が生じてきます。具体的には、JavaScriptによるEZ番号(サブスクライバID)の偽装、DNSリバインディング攻撃などの可能性が生じます。

IPアドレス帯域の統一は7月から、また2011年秋冬モデルからの変更と言うことなので、実際にどうなるかは7月以降の検証を待たなければならない。
しかしもしPCサイトビューアの仕様が大きく変わらないのであれば、EZWebでのあらゆる課金や決済は(たとえ暗証番号があるにせよ)偽装放題と言うことになる。
「でもそもそも他人のEZ番号なんて分からないのでは?」という疑問もあるだろう。しかしEZ番号は端末で「送信する設定」(デフォルト)にしてあれば勝手サイトにであっても常にEZ番号は送信されているのである。
つまり例えば決済や課金など関係ないケータイサイトを運用していても、実はEZ番号は大量にこれまでに入手可能であり、 ユーザー登録の必要なサイトであれば名前や住所などと紐付けられているかも知れないし、そもそも氏名など分からなくとも、ランダムにリスト化されたEZ番号を使って総当たりで詐称攻撃することも可能になるだろう。たとえ暗証番号があるにせよ、また3回間違えるとそのアカウントがロックされるにせよ、最低数百件程度のリストがあれば暗証番号を固定して次々に試せばそのうち幾つかは楽に認証を通ってしまうだろう(これはとてもよく知られた初歩的な攻撃手法に過ぎない)。
知らぬ間に公式サイトで勝手にデジタルコンテンツを大量に買っていたことになっていた・・ということも十分起き得るのである。

率直に言って、何故auがこんな仕様変更を簡単に行ってしまうのか、全く理解できない。そもそもauは、上記のような「脆弱な基盤」に支えられたケータイIDというものを理解していないのではないか。

以前僕はこのようにブログに書いたことがある。

三位一体の原則だ。これが1つでも崩れれば信頼性は崩壊する。
しかしもし上記の推測が正しければ、ことauのEZ番号については(1)と(3)によってのみしか支えられていない。SIMロック解除論議を持ち出すまでもなく、例えばauの携帯網のアクセスポイント情報が明らかになってしまったら。そこにスマートフォンなどで任意のアプリを実行できる端末が接続可能になったら・・・? 恐らくサービスプロバイダーは偽装を見破る術を持たない。
それが現実になれば、恐慌にも似たケータイECの信用崩壊が起こる可能性が非常に高い。

全ては2011年秋冬モデルの発売を待たなければ本当のところは分からないが、まさしくこの懸念が当たる際にいるのかも知れない。