タグ別アーカイブ: PCサイトビューア

2011-06
15
11:42:45
auのEZWebがそろそろ終了しそうな件


先日auからEZWebに関わる以下のようなアナウンスがなされた。
KDDI au: EZfactory

EZブラウザは、2011年秋冬モデルにて、EZサーバを含め、「機能」及び「ネットワーク環境」の見直しを行ないます。
これによる主な変更点は以下のとおりです。

<主な変更点>
・EZサーバの言語変換機能が削除され、HDMLが非サポートとなる。
・EZブラウザ、PCサイトビューアーのIPアドレス帯域が統一される。

他にもCookie仕様の変更などがあるのだが注目すべきは、「EZブラウザとPCサイトビューアーのIPアドレス帯域が統一される」という点だ。

以前書いた記事も参照して欲しいのだが、

続:携帯で端末ID詐称は可能かもしれない話
(追記) 続:携帯で端末ID詐称は可能かもしれない話

EZWebつまり日本のケータイECを支えているケータイID(端末ID、サブスクライバーID)は単純に契約者または端末ごとに振られたIDをHTTPヘッダーに載せて通知して、WEBサイト(例えば公式サイトでの決済や課金など)ではこれを元に契約者を特定しているだけなので単にインターネット上で実現するとすぐに偽装や詐称されてしまう。
そこで再掲になるが、auに限らずドコモやソフトバンクでも以下のような脆弱な要件を満たさない限り、ケータイIDが偽装・詐称されずに正しく利用されていることはサイト側(サービスプロバイダー)では見分けが付かない

(1) そのアクセスがそのキャリアの携帯網(IPアドレス帯域)からのみであることをサービスプロバイダーが保証すること
(2) 携帯網ではケータイIDが偽装されていないことをキャリアが保証すること
(3) 端末の自由度を低くしてケータイIDの偽装などの可能性をできるだけ低く保つこと

但しauではEZ番号はゲートウェイで付加されるのではなく端末側から直接送信されているようなので、上記の三原則であれば1と3でしか担保されていない模様だ。

EZ番号を使用したケータイECに対応するのがEZブラウザであり(ドコモであればiモードブラウザ)、PCサイトビューアはEZ番号は発信しない単なるフルブラウザである。
しかし上記条件にあるようにEZブラウザ以外のブラウザやアプリからEZブラウザと同様のIPアドレス帯域に接続でき、かつEZ番号を偽装できるならこの日本独自のケータイECの仕組みは崩壊することになる。
であれば果たしてEZブラウザとPCサイトビューアのIPアドレスが統一された後、PCサイトビューアで偽装が可能になってしまわないのか。

この疑問に早速、徳丸浩氏が実験を行い結果を公表された。

EZwebの2011年秋冬モデル以降の変更内容とセキュリティ上の注意点

上記のように、現状のPCサイトビューアでは、EZ番号が追加できるほか、W52TではUser-Agentも変更できます。2011年秋冬モデルの仕様はわかりませんが、上記と同じ仕様である場合、EZ番号の偽装が可能になります。

 

2011年秋冬モデルでもEZブラウザにJavaScript機能が搭載される予定はないようですが、JavaScript機能があるPCサイトビューアのIPアドレスが統一されることで、結果として、事業者ゲートウェイを経由する端末の中に、JavaScript機能を搭載したものが含まれる状態が生まれます。このため、JavaScriptを悪用した攻撃の可能性が生じてきます。具体的には、JavaScriptによるEZ番号(サブスクライバID)の偽装、DNSリバインディング攻撃などの可能性が生じます。

IPアドレス帯域の統一は7月から、また2011年秋冬モデルからの変更と言うことなので、実際にどうなるかは7月以降の検証を待たなければならない。
しかしもしPCサイトビューアの仕様が大きく変わらないのであれば、EZWebでのあらゆる課金や決済は(たとえ暗証番号があるにせよ)偽装放題と言うことになる。
「でもそもそも他人のEZ番号なんて分からないのでは?」という疑問もあるだろう。しかしEZ番号は端末で「送信する設定」(デフォルト)にしてあれば勝手サイトにであっても常にEZ番号は送信されているのである。
つまり例えば決済や課金など関係ないケータイサイトを運用していても、実はEZ番号は大量にこれまでに入手可能であり、 ユーザー登録の必要なサイトであれば名前や住所などと紐付けられているかも知れないし、そもそも氏名など分からなくとも、ランダムにリスト化されたEZ番号を使って総当たりで詐称攻撃することも可能になるだろう。たとえ暗証番号があるにせよ、また3回間違えるとそのアカウントがロックされるにせよ、最低数百件程度のリストがあれば暗証番号を固定して次々に試せばそのうち幾つかは楽に認証を通ってしまうだろう(これはとてもよく知られた初歩的な攻撃手法に過ぎない)。
知らぬ間に公式サイトで勝手にデジタルコンテンツを大量に買っていたことになっていた・・ということも十分起き得るのである。

率直に言って、何故auがこんな仕様変更を簡単に行ってしまうのか、全く理解できない。そもそもauは、上記のような「脆弱な基盤」に支えられたケータイIDというものを理解していないのではないか。

以前僕はこのようにブログに書いたことがある。

三位一体の原則だ。これが1つでも崩れれば信頼性は崩壊する。
しかしもし上記の推測が正しければ、ことauのEZ番号については(1)と(3)によってのみしか支えられていない。SIMロック解除論議を持ち出すまでもなく、例えばauの携帯網のアクセスポイント情報が明らかになってしまったら。そこにスマートフォンなどで任意のアプリを実行できる端末が接続可能になったら・・・? 恐らくサービスプロバイダーは偽装を見破る術を持たない。
それが現実になれば、恐慌にも似たケータイECの信用崩壊が起こる可能性が非常に高い。

全ては2011年秋冬モデルの発売を待たなければ本当のところは分からないが、まさしくこの懸念が当たる際にいるのかも知れない。