2004-11
21
20:48:00
ブログペットはピンクの熊の夢を見るか


こうさぎを例に出すまでも無く、Webパーツなどと呼ばれるサイドバーに簡単に取り付けられるモジュールが近頃流行のようです。
このサイトも例に漏れずなのですが、Blogとこれまでの通常のWebページで一番大きく変わったことはなんだろうかと考えてみるに、このWebパーツの流行り具合という視点も外せないように思えます。
私自身もそうですが、Blogはカスタマイズが容易であるというその特性ゆえ「自分だけのオリジナリティを出したい」層が大いに支持しているという点。そして反面、こうさぎ同盟のようにある種同じ話題を共有もしたいというニーズがうまくはまっている、と言えるかも知れません。
それにそもそもBlogツールはモジュールありきというところもありますから、こうした流れは当然にして自然なものなのでしょう。
他にどんなパーツがあるのかなぁと調べていたことがあるのですが、Webパーツに限らずBlogに関連したサービスなどを集めたリンク・サイトが便利そうだったのでまずは紹介しておきましょう。


ウェブログ・イエローページ[パーツとサービス]
Webパーツと一言で言っても幅広く、所謂ペット系から、へぇーボタンとか天気予報までこうしてみると非常にバラエティに富んでいます。少し前まではそんなに多くも無かったようにも思うんですが、こうさぎの成功を見た上でのやはりここしばらくの傾向でしょうか。

たまには画像も。
単に「ルゴッゴ」って言ってるところを載せたかっただけなんですが。

ところで、これだけ出回ってきたWebパーツですが、少し不思議にも思うことがあります。それは、実は多くのパーツは必ずしもBlog向け、Blogを前提にしたものでもないということです。
例えば占いや天気予報、投票ボタンの類は通常のWebページに設置されても何ら問題なく稼動する訳で。Blogに設置される必要性は全くありません。
こうさぎではRSSを読み込み言語解析して吹き出しや俳句に変換している関係上、Blogサイト(またはRSS生成サイト)と密接に関係することになります。まさしくブログペットである訳です。
この点でこうさぎは他の多種多様なパーツに対して、Blogというカテゴリにおいてはアドバンテージを維持している、とも言えるでしょう。
あくまで技術的側面から見た場合なのですが、こうさぎとどうしても比較したくなってしまうのがポストペットです。
ポストペットの最初の登場は1997年だそうで、インターネットが浸透し始めた初期にあれだけのインパクトのあるソフトが現れていたというのは特筆すべきことでしょう。
愛くるしいキャラ構成、簡易な操作方法、マーケティング手法も見事ながら、未だに個人的に素晴らしいと感じるのはメールのMIME形式にキャラクタデータを格納してメール送信を行うことでキャラクタのおつかい機能などを実現していたという聡明な発想です。
ユーザーからすればおつかい機能がMIME形式をうまく利用していることなど何も気にすることではありません。別にそれが理由でヒットした訳でもないでしょう。
しかしながら、当時MIME仕様からそれだけの発想が出来る人が果たしてどれだけいたでしょうか。無機質な技術仕様と非常に愛嬌溢れるキャラクタ構成や操作がこれだけ見事に結び付けられるのだ、というのは衝撃的でもありました。
Blogならでは、に拘るものではありません。たとえ関係なくとも素晴らしいプロダクトは素晴らしいのです。
しかしながら一方で、今後ポストペットを越えるインパクトや技術的視点/提案を持ったパーツが、これだけBlogを始め新しい技術が持て囃されるいる時代に出てこないというのも悔しい気もするのです(アフィリエイト関連だけは盛り上がっている気もしますが、それだけでもちょっと、ね・・)。
こうさぎもまだαバージョンですし、今後の開発も色々計画されていることでしょう。
と同時に単なるキャラの可愛らしさだけでなく、技術的な視点からも「うーんその手があったか!」と唸るようなそんな局面にもぜひ期待したいのです。
何かそんなわくわく出来るようないいネタがないかなぁと、年末に向けた忙しい合間に自己逃避のように夢想したりする今日この頃・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください