2006-02
09
21:45:00
HTC UniversalでvodafoneのSIMカードを使ってみる


何故か故あって、手元に空いたvodafoneのSIMカードがあり、これをQtek9000(HTC Universal)で使用してみましたので、紹介してみます。


■通話
Qtek9000にvodafoneの赤いSIMカードを付ければ、特に難なく電波を拾い出してくれます。Docomoと違って、vodafineの基地局ではR2000(R4)という国際標準互換なプロトコルを使っているらしいだけのことはあります。
都内各地(と言っても限られますが)で使ったところ、特に圏外になるような場所には会っていません。
DocomoのFOMAカードでは、独自にプロトコルに手を入れている古いタイプの基地局(R99)が混在しているため、圏外の箇所が通常のFOMA携帯の場合に比べて多いようです。
FOMAを入手する予定もあるので、実際どれぐらいのカバー範囲なのか試してみたいですね。
20060209193301.jpg
基地局に接続すると、このようにアイコンが変わります。
「UMTS44020」というのがvodafoneのネットワーク名みたいですね。因みに、DocomoはUMTS44010です。
ここでちょっと実験。
Docomo網とvodafome網はどちらも(基本的には)W-CDMA(UMTS)回線ですので、SIMカードにも互換性があります。ではvodafoneのSIMカードでDocomo網に繋げることはできるでしょうか?
実はできます。
①[Setting]-[Phone]から[Network]タブを選びます。Current Networkには現在繋がっているvodafone(UMTS44020)が表示されています。
②[Network Selection]を[Manual(手動)]に変更します。しばらくWaitダイアログが表示された後に、次のようなネットワーク選択が可能になります。
20060209195408.jpg
ここで「UMTS44010」を選びます。これがDocomo網です。
③Registerが行われて、Current NetworkがUMTS44010に切り替わります。
20060209195502.jpg
しかし、実際に電話をかけようとしてももちろん掛けられません。vodafoneとDocomoでローミングは出来ませんので。
しばらくすると、電話アイコンも「No Service」に変わってしまいます。
ま、当然ですね。
但し同じ要領で、例えば海外携帯のSIMカードをローミング使用する際にDocomoとvodafone網を切り替えたり(実は両者でローミング代は異なるので)、逆に海外でローミングする際に接続する事業者を切り替えることが出来ます(まだ試してませんけど)。
■メール(SMS/MMS)
SMS(Text Message)は特に設定もなく、普通に使用できます。日本語も通ります。
多分Universalでは海外での利用も含めて一番お手軽なメール手段でしょう。
MMSは、残念ながらMMS設定が行えないため、現在まで使用できていません。
まず、MMSのための設定値(サーバー、URLやポート番号など)が正式にvodafoneから公開されていないためです。vodafone端末をお持ちの方はご存知だと思いますが、通常WAPやMMS設定はネットワークから自動設定され、端末側ではその設定を見ることができません。
一部その情報を調べた方が公開されたようですが、昨年からvodafone側で端末種別?でブロックをかけているとの情報があり、承認されていない端末では利用できなくなっているようです。
恐らくこれはvodafoneに限らず、国内事業者では同様の状況のようです。
現状では端末にSIMロックをかけて承認された端末以外は使用させないのが日本の携帯事業者のビジネスモデルなのでやむを得ませんが、よく考えれば、端末が異なるだけで回線契約は他のユーザーと全く同じ訳で、かなり不平等を感じます。
この辺り、風穴を開けようという事業者が現れれば、かなりマーケット状況は変わると思うんですけどねー。
■直接データ通信
SIMカードを内蔵して、直接データ通信に使用することも当然可能です。
vodafoneのWebサイトにも資料がありますが、
Select a modem: Callular Line(GPRS,3G)
Access Point Name: vodafone
User Name: ai@vodafone
Password: vodafone

を設定します。
[Setting]-[Connections]からMy ISP[Add a new modem connection]を選択してConnecton設定を追加します。
20060209203231.jpg 20060209205001.jpg 20060209205009.jpg
複数のコネクション(モデム設定)を作成している場合には、どの接続を使用するかも指定しておきましょう。
20060209203353.jpg
これでパケット接続(だと思う)で接続されるはずです。
20060209203538.jpg
但し。
vodafoneの通常契約でデータ通信をすると、恐ろしく高いです。特にPIEなんかで通常サイト(≠携帯向けサイト)を見たりしていると、一日で数千円以上かかります。
どうぞほどほどに(僕はこれでパケ死しました・・)。
■Bluetooth経由でデータ通信
Bluetoothこそが、UniversalをUniversal足らしめていると言って過言ではないでしょう。
Bluetooth対応の携帯やモデムと繋ぐだけで、回線種別を気にせず簡単に常時オンライン化することが可能になっているのですから。
単にGPRS/W-CDMAのみならず、PHSからダイヤルアップ回線まで理論的には選ばないというのは大きな魅力です(もっとも、そんなBluetooth対応モデムがあるかどうかは知りませんが)。
さて、設定自体はSIMを内蔵したデータ通信と大きく変わりません。途中でBluetoothのペアリングが必要になるだけです。
Select a modem: Bluetooth
User Name: ai@vodafone
Password: vodafone
Number(電話番号): *99#

同じく、[Setting]-[Connections]からMy ISP[Add a new modem connection]を選択してConnecton設定を追加します。
①Select a modemはBluetoothを選択します。
20060209211305.jpg
②Bluetoothの選択画面になりますので、既にある機器を選ぶか、新規追加で[New Partnership…]を選びます。ここでは新規追加します。
20060209211506.jpg
③スキャニングが始まり、見つかった機器が表示されます。選択して追加します。
機器側とUniversal側それぞれでPINコードを聞かれますので、入力します。
20060209211446.jpg
④プロファイルを選択します。ダイヤルアップなので、[Dialup Networking]を選択します。
20060209211454.jpg
⑤Connectonsの画面に戻りますので、今追加した機器を選択します。
⑥電話番号を入力します。vodafoneのパケット通信の場合は「*99#」です。
また、次の画面でユーザー名とパスワードを入力して終了です。
20060209211513.jpg 20060209211530.jpg
以上で、設定終了です。後は同じように接続すれば問題ありません。
但し、やはり内蔵SIMと比べると、心持接続に時間がかかる気もします。
さて、実際に各所で使用してみると、常に好きな時にオンラインになれる快感というのはこれまでに無かった感覚です。
携帯のiモードなどでも十分な場合もあるのですが、例えばメールを作成する場合や普段使っている一般サイトをチェックしたい場合など、かなりアクティブな使い方ができます。
vodafoneは通信費が高い気がするので、FOMAなら家族割で安く使えそうだしなぁ。もし通知範囲が実用に足るのなら乗り換えようかな、といった感じです。
ところでUniversalでの通話は・・・まだ外で掛ける勇気はありません(笑
せめてもう少しサイズが小さいとそれなりに格好も付くんですけども。
とは言え、せっかくなので勇気を出してチャレンジしてみようかな、と思いつつもう一ヶ月も経ってしまいましたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください