2006-02
21
23:41:00
SkypeInを買ってみた


20060221231143.jpgSkypeで日本向けSkypeIn(ベータ)が始まったということなので、さっそく買ってみました。
これはいわゆる050番号で、従来のSkypeのようにユーザー名ではなく、050-XXXX-XXXXという電話番号が割り当てられて固定電話や携帯からもかけられるサービスです。


これまでも英国や香港その他の番号は買えて、恐らく利用できたのかもとは思うのですが、やはり国内向けサービスの方が安心ですよね。
SkypeInの購入サイトへ行きスカイプ・アカウントでログインすると、まずどこの国の番号を使用するかを選びます。ここはもちろん日本を。
次に番号の選択です。
20060221224314.jpg
一度に10個の候補が出てきます。気に入ったのがあれば選択すれば、購入できるようになります。
気に入らなかったらボタンを押して次の10個の候補を次々と表示させることが出来ます。
なお、検索機能は今一機能しません・・。
正直何度か試してもびっくりするような良番には会いません(例えばゾロ目とか。多分ブロックされてる?)が、根気良くやっていればそれなりに覚え易い番号は幾つかあるようです。
但し、どうも現時点では市内局番は5532に固定、番号も8000番台後半から9000番台に限られているようです。
因みに、ここでJavaScriptで番号が選択されているからと言って、Bookmarkletで無理矢理良番を指定してやっても実際には選べませんよ(僕が試しました・・)。注意しましょう。
その後クレジット決済をしてほんの数分で使用できるようになりました。
尚、12ヶ月で4,000円です。3ヶ月だと1,500円だっけかな?(ちょっと自信無し)
さっそく使用してみましたが、例えば携帯(Docomo)からかけると「インターネット経由でお掛けします」とのアナウンスの後、接続されます。
これは回線はフュージョンのを使っているので、転送されているのでしょう。
しかし、相手がSkypeを立ち上げていないと英語のメッセージで不在を告げられてしまうので、何も知らない人はびっくりしてしまうかも。
このあたり、せっかく日本向けサービスと言っているのですから、正式版リリースまでには何とかして欲しいものです。
また、実は購入したSkypeInの番号は、Webのマイアカウントの概要を見ないと分かりません。ちょっとしたことですが、ログインしていればSkype自身にも表示させるなどの工夫が欲しいところです。
少し日常生活で試してみないとメリット・デメリットも見えてこないと思いますが、例えばあまりPCに詳しくない友達にも携帯などから気楽にSkypeへかけてもらえるというのはいいかも知れません。また、やはり海外などでも同じように使えるのはいいですね(当面出掛ける予定はありませんが・・)。
となると、出来ればPDAなどで常時接続な状態を保ちたいですが、現状ではデータ通信では莫大な金額取られちゃうし。どこまでもこの問題は悩ましいですねー。
掛ける側の料金的なメリットも今一よく分かっていないのですが、固定からの通話はここを見る限りメリットはありそうですね。
携帯からの通話が不明なのですが、Docomoなどは最近通話料は一律になっていますが、IP電話でも同じなんでしょうか。
今後は、例えばSkypeで不在だったら指定した携帯に転送するとか、固定・携帯・IP電話の垣根を取り払うようなサービスを目指して欲しいものだと思いますが、どんなものでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください