タグ別アーカイブ: Atom

2009-04
08
19:38:00
ニコニコPodder R1.0.14をリリースしました


4/8頃のニコニコ動画側の仕様変更に対応したR1.0.14をリリースしました。
コメントの方の推察通り、RSSの仕様が変わってしまったようです。ただしRSSが壊れているとかではなく、使用するフォーマットの種類が変わったみたいですね。
(具体的には、なんちゃってRSS2.0からdcやatomの名前空間を一応使用するようになりました)
R1.0.13以前をご利用の場合はこちらのバージョンをご利用ください。
何かありましたらコメント欄までどうぞ。
* R1.0.15をリリースしました。今後はそちらへどうぞ

2005-09
14
20:08:00
GoogleとAsk.jpがBlog Searchを提供へ


INTERNET Watchから

Googleのブログ検索「Google Blog Search」ベータ版公開
Ask.jpが最短1分を誇るブログ検索を開始、画像やPodcastingも検索可能

前から話はあったものの、地図サービスもそうでしたが、どうしてこうした同様のサービスの発表はダブるんでしょうか。他方がライバルの情報を仕入れるのかな?
それはともかく、Googleの方はAtom/RSSで検索結果を購読できるという点がCoolですね。BloglinesのSearch Feedの対抗馬の位置付けでしょうか。
少し試しましたがいい感じで絞り込めていて、ソートも日付順が選べるのも便利そうです。
一方のAsk.jpはBloglinesでの購読ボタンが付いているのはさすが子会社という感じですが、それ以外の機能はノーマルに思います。購読ボタンなら、Bookmarkletででも代用できますしね。
但しRSSからクロールしているのでリアルタイム性が高い、という点はポイントでしょうか。
その点、GoogleはどうやってBlogかそれ以外か判別しているのか興味深いですね。
Blogだけから検索したい、という場面はあまり無いので使う頻度は?ですが、例えば関連ページとしてトラックバックを追跡してくれるとか、個人的には全文をRSS/Atomで配信してくれるとかなら、便利なんだけどなー。

2005-07
10
15:40:00
しばらく見ない間に


一ヶ月ほど忙殺されている間に。世の中では色々あるんですね。
モヒカン宣言
境界線はあった方がいいですね。
やっぱりここは小文字セマンティックWebの出番ですよ。そのサイトがモヒカンかどうか調べてくれるBookmarkletとかどうでしょう。
因みにウチはムースで固めたぐらいのモヒカンだと思います(^^;
OperaがBitTorrentサポートへ
結構思い切ったなと思ったんですが、こちらの記事なんかを読むと単純に必要技術を採用したいというシーズを取り入れたということでしょうか。
世間はなかなか素直には捉えないとは思いますが。
Movable Type 1.7リリース
先日のセッション・ハイジャック脆弱対応版ですね。まだ全然試してないけど。
新規で作成すると言語がチェコ語になるバグも修正されてました。こいつについてはとっても何故そんなバグになったかの経緯が知りたかったり。
因みにsb(Serene Bach 読めない・・)でもCookie仕様が変更されましたね。
BlogWrite2が正式にリリース
全然気付いてなかった・・。しかもマイナーリリースも何度か出てるし。マルチなインターフェースとプラグインがいい感じですね。
後で試してみよう。
So-net blogがAtom PPに対応
へー。
と思って作りかけのAtom PPライブラリを思い出しました。
Monadがないなら、Longhornにする意味はない
先日紹介したMSHが搭載されないことに。がっくり。
これでLonghornのアドバンテージはほぼ無いことに。
後付けでもいいからリリースしてくれないかなぁ。
ITMedia オルタナティブ・ブログ
「ぬるい」との声も聞きますが、日々気晴らしに読むにはよいぬるさだったり。
いっぱい取り揃えてあるのであんまり飽きも来ませんし。RSSが使い難いのだけ何とかして欲しいです。
実は知り合いが何人か書いてるのも楽しかったりします。
Google Mapsが日本国内の衛星画像にも対応
解像度はともかく、やっぱり楽しいですね。
但し大本の住所検索がまだ日本国内には対応していないので、こちらのBookmarkletが重宝します。
ふー。

2005-04
19
12:52:56
旅行びと日記 R1.10をリリースしました(BlogPet)


ROCAの、強制するつもりだった?


以前紹介した、「Software Design」2005年1月号に掲載された「Atom基礎講座」を筆者のウィザシステムの担当氏がWeb上で公開されています。
Atom Syndication FormatmもAtom Publishing Protocol(AtomAPI)も網羅された「Atom基礎講座」を筆者のウィザシステムの担当氏がWeb上で公開されているとのことなので、ぜひご一読を。
最新情報への更新も予定された「Atom基礎講座」を筆者のウィザシステムの担当氏がWeb上で公開されていますので、期待です。
#あ、最近AtomPPライブラリ作ってなかったな。
思い出しちゃった・・。

*このエントリは、BlogPetの「ろこ」が書きました。